芝中学校

2月1日(第1回) 東京都港区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 40分 75点
社会 40分 75点

     国語
大問内容
大問1
漢字の書き取り
大問6
大問11
大問2
漢字(慣用表現)
大問7
大問12
大問3
論説文(稲垣栄洋『オスはメスのために作られた⁉ この世界に男と女がいる簡単な理由』) 
大問8
大問13
大問4
物語文(加藤元『四百三十円の神様』)
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は58.7点(昨年度は70.8点、一昨年度は77.3点)でした。年々難化しています。大問3の物語文は「自分の壁を乗り越える」という成長物語でした。大問3の論説文は生物にオスとメスがいる意義に述べられた文章です。すべての問題が記述問題ですが、50字以上の字数指定がある問題の得点率が勝負を分けたと考えられます。長文を書くだけではなく、要素をおさえる練習、それをつなぐ練習を重ねましょう。

     算数
大問内容
大問1
計算問題(2問)
大問6
正三角形の面積比
大問11
大問2
重さの平均
大問7
速さ
大問12
大問3
食塩水のやり取り
大問8
数表
大問13
大問4
割合と比
大問9
立方体の切断
大問14
大問5
数の性質
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点が71.1点(昨62.1点)とさらに易化しました。問題構成については大きな変更はありません。大問1は計算量が多いのでていねいに取り組み、確実に得点したいところです。頻出のグラフ問題は影をひそめ、出題頻度が少ない立体の切断が出題されました。次年度以降は、難易度がもとに戻ることも想定されます。過去問演習を通して、難問にも触れ、問題の取捨選択および時間配分について訓練しておくとよいでしょう。


     理科
大問内容
大問1
小問集合(8問)
大問6
星座や月の動き
大問11
大問2
豆電球の回路と電流
大問7
大問12
大問3
針金を用いたてこのつり合い
大問8
大問13
大問4
重曹の反応(熱分解・塩酸との反応)
大問9
大問14
大問5
植物群落の調査(方形区画による被度の測定)
大問10
大問15
問題解析
今年度は物理分野から2題出題されています。合格者平均点は43.8点(58.4%)でした。大問1(1)・(2)の気体の浮力に関する問題は、2011年度にも本校で出題されたものの類題です。物理・化学の計算問題の難度が高く、各大問の前半で失点すると後半の小問が解けない構成であることが多いので注意が必要です。試験当日は解ける問題から順に解いていくことで確実に得点してください。


     社会
大問内容
大問1
地理総合
大問6
大問11
大問2
歴史資料問題(古代~近代)
大問7
大問12
大問3
司法
大問8
大問13
大問4
AI(人工知能)について
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度の小問数は45問で例年通り論述問題も出題されました。大問1の問6で各国の世界遺産の登録件数の表からアメリカ・中国・日本を特定させる問題は、日本の世界遺産についての理解を問う問題でした。大問4はリード文から各設問に答える形式です。論述問題は指定語句を使いながら答えるので、落ち着いて文章を読み後半部分の内容を題意に沿って上手くまとめられるかがポイントです。過去問題学習を十分に行い出題形式に慣れましょう。


▲ページTOPへ