芝中学校

2月1日(第1回) 東京都港区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 40分 75点
社会 40分 75点

     国語
大問内容
大問1
漢字(書き)
大問6
大問11
大問2
漢字(慣用表現)
大問7
大問12
大問3
説明文(田中修『植物はすごい 七不思議篇』)
大問8
大問13
大問4
物語文(林木林『二番目の悪者』)
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
昨年度と同じ構成です。設問を記述問題に変えて2年目の試験でした。昨年度よりも難しい問題が増えるのではないかとも思われましたが、難易度は変わっていないようです。取り組みやすい問題ばかりでした。合格者平均点は77.3点(昨年度は77.9点)でした。今後はいつ問題の難度を上げてきてもおかしくないので、過去問題のレベルで安心せず、さらに高いレベルを目指して対策を立てていく必要性を感じます。

     算数
大問内容
大問1
計算問題(1問)
大問6
場合の数(図形を作る)
大問11
大問2
計算問題(1問)
大問7
文章題(売買損益)
大問12
大問3
文章題(速さ)
大問8
図形上の点の移動
大問13
大問4
平面図形(面積)
大問9
水量変化とグラフ
大問14
大問5
立体図形(さいころ)
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は54.6点で、昨年度と比べて大きく下がりました(昨年度は65.2点)。グラフの問題は毎年出題されています。今年は水量変化に関する問題でした。グラフの意味を考えて読み取ればきちんと取れる問題です。対策としては、本校の問題では難問が最後にくるとは限りません。大問1~3を素早く解き、時間配分を考えて取るべき問題をきちんと取る作戦を過去問演習で慣れておくと良いでしょう。


     理科
大問内容
大問1
小問集合
大問6
大問11
大問2
がけの地層
大問7
大問12
大問3
人の眼
大問8
大問13
大問4
ピンホールカメラ
大問9
大問14
大問5
中和と気体の発生
大問10
大問15
問題解析
昨年度から大問が1題少なくなり、大問5題構成でした。大問2~大問5は各分野からは1題出題されています。合格者平均点は49.0点で、昨年度よりも上昇しました。例年出題される、やや重めの計算問題がなかったことが点数上昇の理由と思われます。芝が求めている力は、確固たる基礎力と計算力・思考力です。基本的な知識事項は早めに定着させ、計算問題や思考力を要する問題演習を繰り返し行っていくことが合格への近道になります。


     社会
大問内容
大問1
地理(総合)
大問6
大問11
大問2
歴史(政治史・外交史)
大問7
大問12
大問3
公民(日本国憲法)
大問8
大問13
大問4
総合
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度の出題形式は例年とまったく同様のもの。本校独特の指定語句を用いた120字の長文記述問題ももちろん出題されています。今年度の記述のテーマは「伝統文化」でした。この長文記述問題は、国語の要約文の要領で指定語句が使われている本文の箇所を上手にまとめていくことで答えが完成します。過去問題を通じて何度も練習をこなしていきましょう。その他の問題も偏りのない知識を身につける必要があります。努力が得点として現れるのが本校の社会の問題です。


▲ページTOPへ