攻玉社中学校

2月1日(第1回) 東京都品川区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 40分 50点
社会 40分 50点

     国語
大問内容
大問1
漢字の読み取り
大問6
大問11
大問2
漢字の書き取り
大問7
大問12
大問3
同音異義語・同訓異字
大問8
大問13
大問4
物語文(直木三十五『べんけい』)
大問9
大問14
大問5
論説文(佐伯啓思『学問の力』)
大問10
大問15
問題解析
例年通りの構成です。物語文では今年度も古典的文章が出題されています。独特の文体のため、不慣れな受験生は読み取りに苦労したと思われます。しかし決して難しい問題ではなく、5択の選択肢も労せず解けたことでしょう。問題は論説文です。本校はある専門分野の導入や概念などが説明された文章を好むようです。よって具体例が多く書かれています。具体例と論旨の読み分けをスムーズにおこなう練習が必要でしょう。

     算数
大問内容
大問1
計算・約束記号
大問6
大問11
大問2
曜日と規則性
大問7
大問12
大問3
点の移動とグラフ
大問8
大問13
大問4
相似比・面積比
大問9
大問14
大問5
水そうと水の体積
大問10
大問15
問題解析
攻玉社で頻出の単元は、規則性、グラフ、平面・立体図形です。グラフの問題と立体図形に関しては毎年非常に難しく、受験生を苦しませます。しかし、今年の立体図形は解きやすかったため、受験者平均・合格者平均ともに上昇しました。本校を攻略するには、規則性・場合の数・数の性質・平面図形を得点源とすること。そして、速さ・水そうに関するグラフの問題や立体図形の難問に対応すべくトレーニングを積むこと。傾向の変化が小さい学校なので、過去問を解き込むことが合格への近道です。


     理科
大問内容
大問1
生物(植物)
大問6
大問11
大問2
地学(気象・地震)
大問7
大問12
大問3
物理(ふりこ)
大問8
大問13
大問4
化学(もののとけ方)
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
受験者平均点は26.6点、合格者平均点は30.7点でした。毎年、生物・地学・物理・化学の4分野からの出題です。今年度も昨年度同様平易な問題が多かったですが、例年物理や化学の計算問題は、骨のある問題が出題されます。また生物の問題は、雑学的な内容の問題が出題されることがあります。日ごろから理科的視点を持ち、新聞や図鑑から知識を吸収しましょう。また、対策として過去問をしっかりと解きこみましょう。


     社会
大問内容
大問1
総合問題
大問6
大問11
大問2
総合問題
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
昨年度、本校の入試問題は大幅にスタイルを変えました。そのスタイルが今年度も踏襲され、さらにパズル的要素を高めています。特筆すべき問題は、大問1の問2です。県章や地図記号などを100マスに並べ、例題とその解法に従って答えを導き出していかなければなりません。その手順はかなり複雑なものであり、相当な時間が必要となる問題でした。その他は例年と同様、地理と歴史からの出題が大半です。そして重要語句を漢字で書ける力を身につけましょう。


▲ページTOPへ