攻玉社中学校

2月1日(第1回) 東京都品川区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 40分 50点
社会 40分 50点

     国語
大問内容
大問1
漢字の読み取り
大問6
大問11
大問2
漢字の書き取り
大問7
大問12
大問3
俳句(空欄補充のみ)
大問8
大問13
大問4
論説文(平野啓一郎『私とは何か「個人」から「分人」へ』)
大問9
大問14
大問5
物語文(田山花袋『日蝕の日』)
大問10
大問15
問題解析
例年通りの構成です。大問5の物語文は今年度もやはり古典的文章が出題されています(第2回では現代の小説が出題されます)。設問はいずれも一問一答のような形式で、これまでのような難問ではありません。面食らってしまったかもしれませんが、案外すんなりと解けます。次に論説文ですが、本校は専門分野の導入や概念が説明された文章を好む傾向があります。具体例と論旨の読み分けをスムーズにおこなう練習が必要です。

     算数
大問内容
大問1
計算・小問集合
大問6
大問11
大問2
規則性
大問7
大問12
大問3
速さとグラフ
大問8
大問13
大問4
平面図形・立体図形
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
例年大問5題構成ですが、今年度は平面図形と立体図形がまとめて大問4で出題され、大問4題構成となりました。本校の頻出単元は規則性・グラフ・平面図形・立体図形ですが、グラフの問題と立体図形の問題は難易度が高い問題が出題されます。そのため、規則性・平面図形で得点を積み上げて、速さや水のグラフの問題・立体図形の難問に挑む必要があります。出題傾向の変化は小さいため、過去問をやりこむことが大切です。


     理科
大問内容
大問1
がけに見えた地層の重なり方・地球の環境
大問6
大問11
大問2
ニクロム線に流れる電流の強さを調べる実験
大問7
大問12
大問3
砂糖・食塩・ミョウバンの溶解度に関する実験
大問8
大問13
大問4
花のつくり・蒸散作用・花芽形成
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
例年通り、生物・地学・物理・化学の4分野からの出題です。今年度も昨年度同様平易な問題で構成されていました。例年、物理や化学の計算問題は難しい問題が出題されているのですが、今年度はそれほど難しい問題ではありませんでした。生物の問題は、雑学的な内容の問題が出題されることがあるので注意が必要です。まずは、各分野の基本知識を定着させましょう。その上で過去問演習を通して、問題を解ききるスピード感を養いましょう。


     社会
大問内容
大問1
総合問題
大問6
大問11
大問2
三大都市・交通・運輸
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は33.0点(昨年度は37.6点)でした。毎年のように出題形式が変わる本校ですが、今年度は漢字指定・カタカナ指定の用語を書かせる問題が多く、解答記入箇所も大幅に増えました。大問2の首都圏の都市が抱える問題を答える論述問題は、「混雑」「帰宅困難者」の2つのキーワードを用いて解答する形式でした。どのような切り口で問われても解答を導き出せる確かな実力をつけることが必要な学校です。


▲ページTOPへ