慶應義塾普通部

2月1日 神奈川県横浜市港北区
科目 試験時間 配点
国語 40分 100点
算数 40分 100点
理科 30分 100点
社会 30分 100点

     国語
大問内容
大問1
詩(工藤直子「けっしん」『なんとなく・青空』)
大問6
大問11
大問2
物語文(バーバラ・オコーナー『スモーキー山脈からの手紙』)
大問7
大問12
大問3
随筆文(毎日新聞 平成十八年十月十七日 夕刊)
大問8
大問13
大問4
漢字の書き取り
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
昨年はなかった詩が出題されています。韻文の出題はいつも意識しておきたいところです。知識などは一切問われず、読解のみです。随筆文はとても短い文章で、選択肢と抜き出しのみでした。物語文は海外作品で、設問は13問。記述問題は2問、抜き出しは2問、残りは全て選択肢でした。試験時間が40分と短いので、迷っている暇はありません。正確な読み取りと、抜き出し問題の練習を積み重ねていきましょう。

     算数
大問内容
大問1
計算
大問6
平面図形
大問11
大問2
比の文章題
大問7
大問12
大問3
ダイヤグラム
大問8
大問13
大問4
場合の数
大問9
大問14
大問5
推理
大問10
大問15
問題解析
試験時間40分、大問は9題と昨年より1題減少し、一昨年の構成に戻りました。難しい問題はなく標準的な問題で構成されていますが、解答用紙が記述式で時間の割に問題が多い(大問1題あたりにかけられる時間は4分程度)ので、問題の取捨選択を行い、解ける問題で着実に得点を重ねていくことが大切です。過去問対策を十分におこない、時間の感覚を養うことが肝要です。


     理科
大問内容
大問1
ウメについて
大問6
大問11
大問2
水溶液の推定問題
大問7
大問12
大問3
富士山について
大問8
大問13
大問4
浮力
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
生物分野の出題に特徴のある本校ですが、今年度は大問1でウメについての細かい知識が問われ、梅干しのつくり方についての問題も見られました。大問3は火山に関する基本知識から地質図の読み取りまで、幅広い内容が出題されています。日ごろから図鑑などに目を通し、動植物に関する知識を増やしましょう。また、家事の手伝いをすることや身の回りの物事に目を向けて、疑問は自ら調べるような学習を心がけてください。


     社会
大問内容
大問1
地理総合(日本の海岸線)
大問6
公民総合(標識・マークが表す意味)
大問11
大問2
南西諸島
大問7
大問12
大問3
歴史総合(福沢諭吉著『条約十一国記』より)
大問8
大問13
大問4
歴史総合(日本人のお辞儀と歴史)
大問9
大問14
大問5
公民総合(「集団」が表す意味)
大問10
大問15
問題解析
用語記述問題が半数を占め、短文論述問題も出題されるので、知識の正確な定着と書く力が欠かせません。さらに、今年度の大問1(海岸線と都府県境の白地図)のように地理分野においては応用力が求められる出題が続いています。また、地理では世界地理も必要になるので、地図帳を眺める、活用する習慣をつけてください。公民分野では、2年連続で日常生活に関わる問題、用語の意味を答えさせる問題(今年度は「集団」について)が出題されました。


▲ページTOPへ