学習院中等科

2月2日(第1回) 東京都豊島区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 40分 80点
社会 40分 80点

     国語
大問内容
大問1
物語文(落合由佳『マイナス・ヒーロー』)
大問6
大問11
大問2
説明文(斎藤慶輔『野生の猛禽を診るー獣医師・斎藤慶輔の365日』)
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は78.1点でした。読解問題が比較的読みやすい内容だったため、昨年度と比較して高得点勝負となりました。大問1はバドミントンに打ち込む中学生の主人公を描いた物語文です。細部にとらわれず、登場人物の状況を広くつかむことが求められる問題が出題されました。大問2の説明文は要旨の記述問題で差がついたことと思われます。例年記述問題が比較的多く出題される本校ですが、普段から書く訓練を地道に積めば十分に対応できます。

     算数
大問内容
大問1
計算問題
大問6
場合の数
大問11
大問2
小問集合
大問7
大問12
大問3
平面図形
大問8
大問13
大問4
平面図形
大問9
大問14
大問5
図形上の点の移動
大問10
大問15
問題解析
受験者平均点は57.9点、合格者平均点は71.3点となりました。例年、合格者平均点は70点台になることが多いため、本校の標準的な難易度の問題だったといえます。大問2までは基本的な問題が並び、大問3以降も標準的な問題が中心です。また、大問3以降は考え方を記述させる形式ですが、解答欄はあまり大きくありません。各単元の典型的な問題を、コンパクトにまとめて解答する練習を積むとよいでしょう。


     理科
大問内容
大問1
時事問題
大問6
大問11
大問2
飽和水溶液に関する問題
大問7
大問12
大問3
ダイオード、コンデンサーを含んだ電気回路
大問8
大問13
大問4
ヒマワリの栽培
大問9
大問14
大問5
日食
大問10
大問15
問題解析
制限時間40分に対して小問が34問でした。問題数だけ見るとそれほど多くはないですが、大問2の飽和水溶液の計算問題、大問3の電気回路は解くのに時間がかかる問題です。また、大問4のヒマワリの栽培に関する問題は、学校で植物を育てた経験が活かせる問題で、塾で勉強した知識だけでは解きにくい問題でした。対策としては、まずは基本知識を定着させ、その後は過去問演習を通して、問題の傾向に慣れていくことが肝要です。


     社会
大問内容
大問1
東北地方(東北新幹線)
大問6
大問11
大問2
昭和時代初期
大問7
大問12
大問3
時事問題(2017年の出来事など)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度も小問数が64問あり、例年通りボリュームを感じさせる出題構成です。歴史分野は近現代史が頻出で、出題内容も細かく事前の入念な対策が必要です。解答のほとんどは漢字指定になっています。また、大問3は今年度も時事問題が大きく扱われ、大問1の地理分野も中学入試ではあまり扱わない地名が出題されるなど、独自色が強くなっています。過去問題学習で本校の出題傾向を体感し、事前の対策を丁寧に行ないましょう。


▲ページTOPへ