広尾学園中学校

男女 2月1日(第2回) 東京都港区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 30分 50点
社会 30分 50点

     国語
大問内容
大問1
大問6
大問11
大問2
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
問題を入手出来ませんでした。

     算数
大問内容
大問1
計算問題
大問6
速さ(ダイヤグラム)
大問11
大問2
小問集合
大問7
大問12
大問3
規則性
大問8
大問13
大問4
平面図形
大問9
大問14
大問5
場合の数(じゃんけん)
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は59.5点で、昨年度と比べて大きく下がりました(昨年度は79.6点)。出題形式は例年通りで、整数・規則性、平面図形、場合の数の出題が頻出です。大問1・2など取るべき問題で取ることが合格への最低条件です。文章題は図をかいて整理する、図形にはしっかり情報を書き込んで新たな情報をつかむことなど、書く作業をきちんとできるかが合格点を取るカギとなります。日頃から書く習慣をつけましょう。


     理科
大問内容
大問1
てこ
大問6
大問11
大問2
比熱
大問7
大問12
大問3
チョウの死亡率について
大問8
大問13
大問4
惑星について
大問9
大問14
大問5
夕日の画像についての記述問題
大問10
大問15
問題解析
大問1から大問4は例年通り4分野からの出題でしたが、大問5に記述問題が追加されました。その影響からか、作図・記述問題は大幅に減少しました。標準レベルの問題を中心とした構成ですので、各分野偏りなくしっかり学習しておく必要があります。大問5の記述問題は、理科的視点から自分の考えを述べるといった難しいテーマの問題でした。この問題の配点が大きい場合には、記述対策が必須となりそうです。


     社会
大問内容
大問1
現代の日本
大問6
大問11
大問2
歴史総合(税の歴史)
大問7
大問12
大問3
公民総合(国政選挙)
大問8
大問13
大問4
6次産業化の利点
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
問題構成の特徴は、変更があった昨年度同様に大問1~大問3での各1問ずつの短文論述問題、大問4での大型論述問題です。昨年度は資料やグラフの読み取りが求められた大問4の論述問題は、「6次産業化の利点」を設問文にあるヒントを読み取って答えさせる形式でした。各大問にある短文論述問題も与えられた条件の読み取りが重要になっており、全体として単に知識を問うのではなく、より考えて答えさせる出題内容となっています。書く力を養うことが肝要です。


▲ページTOPへ