広尾学園中学校

男女 2月1日(第2回) 東京都港区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 30分 50点
社会 30分 50点

     国語
大問内容
大問1
大問6
大問11
大問2
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
非公表のため、問題を入手出来ませんでした。

     算数
大問内容
大問1
計算問題
大問6
等差数列
大問11
大問2
小問集合
大問7
大問12
大問3
速さ
大問8
大問13
大問4
場合の数
大問9
大問14
大問5
立体の切断
大問10
大問15
問題解析
受験者平均点は64.1点、合格者平均点は78.8点と高得点勝負になっています。昨年度の大問6の最後の小問は考え方を記述させる問題でしたが、今年度の大問6では「なぜ等差数列の和の公式が成り立つのか」を記述させる問題が出題されました。全体的には標準的な問題が中心ですが、日ごろから公式の仕組みに目を向けたり、「なぜ、この解き方が使えるのか」を意識したりすることが重要です。


     理科
大問内容
大問1
状態変化と音
大問6
大問11
大問2
溶解度と飽和水溶液
大問7
大問12
大問3
ツバキの観察
大問8
大問13
大問4
オリオン座の観察
大問9
大問14
大問5
落下しない段ボールの仕組み
大問10
大問15
問題解析
昨年度同様、大問5題構成で大問5は自由記述問題となっています。各大問においても、記述問題が出題されますので、記述対策は必要不可欠です。その他の設問については、標準レベルの問題を中心とした構成ですので、各分野偏りなくしっかり学習しておく必要があります。大問5の自由記述問題については、配点が大きいことが予想されますので、過去問題はもちろん記述問題の演習は十分におこなっておきましょう。


     社会
大問内容
大問1
日本の農林水産業
大問6
大問11
大問2
人と馬の歴史
大問7
大問12
大問3
地方自治
大問8
大問13
大問4
論述問題(ふるさと納税の問題点)
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
各分野から大問1題ずつ、そして最後に論述問題という出題形式は4年連続です。小問数は少ないものの求められるレベルは高く、各分野において知識の正確性と理解度の深さが勝負を分けます。語句の暗記だけ、なんとなくわかるというレベルでの理解では太刀打ちできません。また、資料やグラフなどの読み取り・分析力も必要になる、典型的な難関校の出題内容です。日頃の勉強において、理解する・考える・問題意識を持つということを実践しましょう。


▲ページTOPへ