東京都市大学等々力中学校

男女 2月1日(特進1回) 東京都世田谷区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 理社合わせて60分 50点
社会 理社合わせて60分 50点

     国語
大問内容
大問1
漢字の読み書き
大問6
大問11
大問2
物語文(窪美澄『かけそきサンカヨウ』)
大問7
大問12
大問3
説明文(平木典子『アサーション・トレーニング』)
大問8
大問13
大問4
資料の読み取り(中高生の英語学習に関する実態調査に関する資料)
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
昨年度までと同じ問題構成でした。大問2は5つの物語が収録されている「水やりはいつも深夜だけど」(角川書店)からの出題です。父の再婚による新生活をスタートさせた主人公の微妙な心情を的確につかむ必要があります。大問3は会話を弾ませるための「質問」の仕方についての文章です。形式段落ごとの内容をきちんとつかめているかどうかで差が出たでしょう。大問4の資料問題は、選択肢と各資料を落ち着いて比較できるかがポイントでした。

     算数
大問内容
大問1
計算問題
大問6
図形上の点の移動
大問11
大問2
小問集合
大問7
大問12
大問3
文章題(食塩水)
大問8
大問13
大問4
速さと比(動く歩道)
大問9
大問14
大問5
規則性(計算)
大問10
大問15
問題解析
大問数は昨年度同様全部で6題です。標準的な問題が多いですが、一部計算力を問われる問題が出題されます。まずは、大問1・2を素早く解けるようにパターン問題演習を行いましょう。大問3で食塩水の文章題が出題されました。本校では食塩水の問題は頻出ですので、特にしっかり練習を行いましょう。大問4以降で時間のかかる問題がどこかで出てきます。過去問演習を行い、ペース配分を意識して取り組み、慣れておきましょう。


     理科
大問内容
大問1
音の進む速さ
大問6
大問11
大問2
サクラについて
大問7
大問12
大問3
地震と津波
大問8
大問13
大問4
気体の性質
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
昨年度同様で大問4題構成で、小問は22問でした。各分野から1題ずつ出題されました。記述、作図がそれぞれ2問ずつ出題されています。例年、問題文および図表を読み取って解く問題(今年は大問1)が出題されています。取り組みやすい問題から始めて、残りの時間を問題文および図表を読み取って解く問題に充てるようにしましょう。合否を決めるのは典型的な問題の正答数です。苦手分野を作らないように学習していきましょう。


     社会
大問内容
大問1
都道府県・日本の農業
大問6
大問11
大問2
神社・世界遺産
大問7
大問12
大問3
公民総合
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
出題構成は例年通りです。地理は、都道府県の形・面積・人口・代表的な農作物についての問題でした。歴史は神社と世界遺産に関する文章から出題されています。社会の学習を通じて身につく力というよりは常識的な事柄を問うものでした。公民は選挙・国会・憲法について問われています。歴史と公民は時事的な話題に絡めて出題されています。ニュースや新聞などに目を向け、自分の知識に変えていく姿勢が求められています。


▲ページTOPへ