東京都市大学等々力中学校

男女 2月1日(特進1回) 東京都世田谷区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 理社合わせて60分 50点
社会 理社合わせて60分 50点

     国語
大問内容
大問1
漢字の読み書き
大問6
大問11
大問2
物語文(川端裕人『今ここにいるぼくらは』)
大問7
大問12
大問3
論説文(福岡伸一『科学は未来をひらく』)
大問8
大問13
大問4
朝日新聞「天声人語」より
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
問題構成は昨年度と同様です。大問4の「天声人語」からの出題は2年連続です。読解問題の小問に知識問題が含まれるのが本校の特徴であり、今年度も大問2で四字熟語・対義語・言葉の意味、大問3では修飾・被修飾関係が問われています。大問4では段落構成を問う問題が出題されています。説明文ではよく問われる問題であり、かつ差がつきやすい部分です。国語力を幅広く見る問題となっていますので、普段から偏りのない学習を心がけましょう。

     算数
大問内容
大問1
計算問題
大問6
立体図形
大問11
大問2
小問集合
大問7
大問12
大問3
食塩水
大問8
大問13
大問4
場合の数
大問9
大問14
大問5
速さ
大問10
大問15
問題解析
大問1は計算問題3問、大問2は小問5問、大問3は食塩水の問題が3問という出題形式は例年通りです。小問数も20問で変化はありませんので、まずは各単元の一行問題と食塩水の基本的・標準的な問題を繰り返し学習して、前半で点数を積み上げることが目標となります。後半の大問は問題によって難易度に差がありますので、過去問演習を通じて問題の取捨選択や時間配分の感覚を身につけていきましょう。


     理科
大問内容
大問1
熱の伝わり方
大問6
大問11
大問2
昆虫
大問7
大問12
大問3
キログラム原器に関する問題
大問8
大問13
大問4
地球の歴史
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
小問数20問は昨年度と変動ありませんが、記述および図示問題が大幅に減ったため、時間に追われてしまうようなことはなかったのではないでしょうか。例年、解きにくいテーマの問題(その場での解答能力を試される問題)が出題されますが、今年度は大問3のキログラム原器に関する問題でした。基礎知識を身につけることに留まらず、日ごろから身近な科学現象や科学ニュースにもしっかりとアンテナを張って生活していきましょう。


     社会
大問内容
大問1
地理総合
大問6
大問11
大問2
歴史総合
大問7
大問12
大問3
税制
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問1は地理の総合問題です。じゃがいもの不作によるお菓子が生産中止になったという時事的な問いも見られます。大問2は飛鳥時代から平安時代までの仏教文化について問われました。大問3は所得税、消費税、法人税について問われていました。設問は、知らないであろう事柄を提示し、推理させ、受験の基本知識を答えさせるという特徴があります。この特徴を知った上で過去問題学習を繰り返して得点力を上げましょう。


▲ページTOPへ