成城学園中学校

男女 2月1日(第1回) 東京都世田谷区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 25分 50点
社会 25分 50点

     国語
大問内容
大問1
漢字の書き取り
大問6
大問11
大問2
説明文(武田邦彦『二つの環境』)
大問7
大問12
大問3
物語文(いとうみく『空へ』
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度も例年通りの問題構成でした。大問1の漢字の書き取りは確実に得点しておきたいところです。大問2は「木」の生きる仕組みと人間の生活について論じた文章です。問1・2・7の指示語の問題はミスが許されません。大問3は父親の死により、母と妹と三人で暮らす少年の自立を描いた作品です。内容的には読みやすかったと思います。本校の国語は基本的な設問が多いため、高得点勝負になります。合格ラインは7割近くでしょう。

     算数
大問内容
大問1
計算問題(5問)
大問6
速さとダイヤグラム
大問11
大問2
小問集合(8問)
大問7
大問12
大問3
図形小問集合(2問)
大問8
大問13
大問4
円の転がり
大問9
大問14
大問5
割合と比の文章題
大問10
大問15
問題解析
例年、途中式を書かせる問題が出題されます(今年度は大問6)。大問1~3は基本・標準レベルですので、失点せずに解き進めたいところです。大問4は丁寧に図を描き、計算を工夫できたかどうかが成否を分けます。大問6は文章中に与えられた条件をダイヤグラムに書き、図形的に処理できれば難なく解けますが、差のついた問題だったでしょう。日ごろから計算や一行問題を素早く解く練習をおこなうとともに、本校頻出の単元(速さなど)をしっかり対策しましょう。


     理科
大問内容
大問1
振り子の周期
大問6
天体(星座)
大問11
大問2
時事問題(うるう秒)
大問7
インゲンマメの種子
大問12
大問3
水溶液(金属との反応)
大問8
卵の殻の役割
大問13
大問4
磁石
大問9
大問14
大問5
昆虫(スズメバチ)
大問10
大問15
問題解析
今年度は大問数が全部で8題ありました(昨年度は6題)が、大問あたりの設問数は多くありません。どの分野からもまんべんなく出題されています。大問2では、時事問題として「うるう秒」と時差に関する出題がありました。また、記述問題が2問出されましたが、いずれも基本的な内容でした。本校の問題は、基本的な内容を問う問題が多いので、基本事項をしっかり固めて問題演習を多く行うと良いでしょう。


     社会
大問内容
大問1
歴史総合
大問6
大問11
大問2
地理総合(TPP)
大問7
大問12
大問3
公民総合(住民投票・選挙・世界遺産)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
例年通りに3分野から大問1題ずつの出題です。論述問題は1問(20字)で、あとは用語記述か選択式の問題です。問題は標準レベルです。歴史は各時代ごとの知識の定着度を測る問題です。地理ではTPPに絡めて日本の農業や食料自給率について問われています。公民は全てが時事的な話題で、設問は基本知識を問うものばかりです。例年、試験時間の割に設問数が多いので、過去問題演習を通じて身につけた知識を即座に取り出す練習を重ねていきましょう。


▲ページTOPへ