渋谷教育学園渋谷中学校

男女 2月1日(第1回) 東京都渋谷区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 30分 50点
社会 30分 50点

     国語
大問内容
大問1
物語文(ヘルマン・ヘッセ『車輪の下で』)
大問6
大問11
大問2
論説文(森博嗣『自分探しと楽しさについて』)
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
例年通りの出題構成でした。大問1の物語文は心情把握が中心です。記述問題は80字が1問のみです。大問2の論説文は、「自分が思う自分」と「他者が思う自分」の違いを明らかにし、結局「自分」とは何かを問う文章でした。記述問題は55字、75字の2問です。本校の合否を分けるのはやはり選択問題です。5択で非常に紛らわしいものが多いのが特徴です。選択問題の対策は必須です。

     算数
大問内容
大問1
小問集合(6問)
大問6
大問11
大問2
場合の数
大問7
大問12
大問3
立体の切断と展開図
大問8
大問13
大問4
点の移動
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問4題は例年通りで、大問1(6)と大問4は途中式(考え方)を記す形式になっています。大問1(5)には論述問題も見られました。大問3(3)は展開図と説明文中のヒントから、立方体をどのように切断してできた立体なのかを作図して考える力が必要です。問題文をよく読み、条件を整理すれば意外と解きやすいという問題も多く出題されています。しかし、解くのに根気が必要な問題もありますので、日頃から作業量の多い問題に積極的に取り組みましょう。


     理科
大問内容
大問1
水温躍層について考察する問題
大問6
大問11
大問2
作用・反作用の法則について考察する問題
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問は2題で昨年より1題減りましたが、小問数は変わらず14問でした。大問2の後半で出題されたドラえもんに出てくるタケコプターをテーマにした設問は大変ユニークでした。様々なデータ(説明文・表やグラフ)から考察していく出題傾向は健在です。対策として、資料を分析・考察するための材料となる基本知識の定着が第一です。その上で、日ごろの学習から様々な現象に対して深く考え、自ら導き出した結論を簡潔に表現できる力を養うことを心がけていきましょう。


     社会
大問内容
大問1
お金の歴史
大問6
大問11
大問2
農作物と旬
大問7
大問12
大問3
国際貢献と自衛隊
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
全体の構成に大きな変化は見られませんが、3問出題された論述問題は昨年度までと変わって制限字数がなく、その内容も資料の分析や読み取りは1問で、他の2問は意見を書かせるなどこれまでにない内容になっています。求められる知識は幅広く、またデータの読み取りなども頻出のため、難度の高い出題内容です。基本事項は早めに確実に定着させ、その上で他校の入試問題などさまざまな種類の問題を解いてみると良いでしょう。


▲ページTOPへ