渋谷教育学園渋谷中学校

男女 2月1日(第1回) 東京都渋谷区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 30分 50点
社会 30分 50点

     国語
大問内容
大問1
物語文(今村夏子『こちらあみ子』)
大問6
大問11
大問2
論説文(片田珠美『一億総ガキ社会「成熟拒否」という病』)
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
例年通りの出題構成です。物語文は主人公の心情把握が中心の設問構成です。小学校1年生の幼い主人公の抱く心情は、みな経験がありそうなものでしたが、いざ言葉にしてみようすると意外と迷ってしまったかもしれません。論説文は、本文のキーワードである「他責」の意味を記述させたり、本文で述べられている状況についての具体例を挙げ、その説明を選択させたりしています。その場で得た情報をどれだけ活用できるかが問われていました。

     算数
大問内容
大問1
計算・小問集合
大問6
大問11
大問2
場合の数(さいころ)
大問7
大問12
大問3
平面図形(折り返し)・立体図形(回転体)
大問8
大問13
大問4
速さと比
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問は例年通り4題構成です。大問1(6)と大問4は途中の式・考え方を書く形式になっています。大問1は若干解きづらい問題もありますが、しっかり正解したいところです。本校の入試問題は、一見難しく見えますが、条件を整理し、作業を丁寧に行っていけば正解にたどり着けます。ただし、作業がかなり複雑な問題もありますので、根気よく作業する必要があります。日頃から作業量の豊富な問題に積極的に取り組んでおくと良いでしょう。


     理科
大問内容
大問1
溶解度の計算
大問6
大問11
大問2
火山とホットスポット
大問7
大問12
大問3
オオカナダモの生態
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問3題、小問14問と昨年とほぼ同じボリュームでした。様々なデータ(説明文・表やグラフ)から考察していく出題傾向は健在です。今年は大問2と3がそれにあたります。資料を分析・考察するための材料となるのが基本知識です。本校を目指すにあたっては、まず基本知識の定着を図りましょう。その上で、日ごろの学習から様々な現象に対して深く考え、自ら導き出した結論を簡潔に表現できる力を養うことを心がけていきましょう。


     社会
大問内容
大問1
総合問題(明治日本の産業革命遺産)
大問6
大問11
大問2
歴史総合(国家の仕組み)
大問7
大問12
大問3
公民総合(戦後70年談話)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
昨年度大きく変更された出題形式は、今年度も変更されました。論述問題の制限字数が150字から60字に大幅に減少しています。全体的にも、昨年度は作図問題や総合学習的な内容が含まれていましたが、今年度は標準的な社会の問題となっており、二年前までに近い出題形式でした。時事的な話題と地形図が頻出、公民分野に限定された出題は少なく、地理と歴史の比重が高い問題構成です。基本事項の定着に力を注ぐとともに、論述の対策を必ずおこないましょう。


▲ページTOPへ