慶應義塾中等部

男女 2月3日(一次) 東京都港区
科目 試験時間 配点
国語 45分 100点
算数 45分 100点
理科 25分 50点
社会 25分 50点

     国語
大問内容
大問1
物語文(出典不明)
大問6
大問11
大問2
随筆文(出典不明)
大問7
大問12
大問3
いろは歌について
大問8
大問13
大問4
漢字の音訓・筆順
大問9
大問14
大問5
漢字の書き取り
大問10
大問15
問題解析
大問1の物語文で唯一の記述問題(25字)があります。大問2の随筆文は慶應義塾内の思い出のような文章でした。大問3は「いろは歌」に関する短文でした。大問4の知識は、とても易しい問題でした。大問5の漢字はいくつか難問がありました。総合すると、全体的に易しい問題が揃っていました。バラエティに富んだ問題なので、優先順位をつけることなくバランスのとれた学習が必要です。韻文にも触れておくようにしましょう。

     算数
大問内容
大問1
小問集合(4問)
大問6
規則性(電球の点滅)
大問11
大問2
小問集合(数量4問)
大問7
虫食い算
大問12
大問3
小問集合(図形4問)
大問8
大問13
大問4
速さとグラフ
大問9
大問14
大問5
場合の数(カード)
大問10
大問15
問題解析
問題量は例年通りでした。平易な問題が多く、いつも通りの高得点勝負になったことでしょう。例年の傾向としては、数の性質や数表などがよく出題されます。また、調べる問題についても練習をしておくとよいでしょう。図形についてはレベルが高いパターン問題がよく出題されます。多少の変化はありますが、基本的に毎年同じ出題傾向です。ただし解答用紙の解答欄については慣れが必要です。過去問を使って訓練しましょう。


     理科
大問内容
大問1
月の満ち欠け
大問6
大問11
大問2
ろうそくの燃焼
大問7
大問12
大問3
てこと浮力
大問8
大問13
大問4
昆虫
大問9
大問14
大問5
野菜
大問10
大問15
問題解析
大問5題構成で各分野よりまんべんなく出題されます。記号選択問題であることや、一度は目にしたことのある頻出問題が中心で構成されていることからミスなどでの失点は許されず、かなりの高得点勝負になっていることが予想されます。まずは偏りなく各分野・各単元に学習をした上で、過去問演習を通して25分間で効率よく・精度よく問題を解いていく訓練をしていくと良いでしょう。


     社会
大問内容
大問1
文化史
大問6
神戸市
大問11
大問2
さまざまな条約
大問7
論述問題(学校へのスマホ・携帯電話の持ち込み)
大問12
大問3
旧国名・地名
大問8
大問13
大問4
公民総合(正誤問題)
大問9
大問14
大問5
公民用語記述
大問10
大問15
問題解析
用語記述の問題が増加傾向にありましたが、一転して今年度は選択式の問題が小問のほとんどを占めました。用語記述も平易なレベルです。一般常識を問う出題はなく、また今年度は最後の大問で制限字数のない論述問題が新たに出題されています。全体的に難度の高い問題は少なく、例年通りの高得点勝負です。過去問題演習を通じて対策を行なうと同時に、慶應3校の過去問題や同じレベルにある他校の過去問題などに触れ、幅広い知識を吸収すると良いでしょう。


▲ページTOPへ