慶應義塾中等部

男女 2月3日(一次) 東京都港区
科目 試験時間 配点
国語 45分 100点
算数 45分 100点
理科 25分 50点
社会 25分 50点

     国語
大問内容
大問1
詩と解説文(出典不明)
大問6
大問11
大問2
物語文(出典不明)
大問7
大問12
大問3
随筆文(柳田国男『毎日の言葉』)
大問8
大問13
大問4
敬語の知識
大問9
大問14
大問5
漢字の書き取り
大問10
大問15
問題解析
文章読解は例年2題でしたが、今年度は3題となっています。ただし、大問3では問いが2つしかなく、傍線部の理由を答える記述問題と本文内容の正誤問題です。他の読解問題は全て選択式でそれほど難しいものはありません。恒例となっている知識の難問はなく、漢字の書き取りも標準レベルのものばかりでした。合格ラインは相当高くなったものと考えられます。個性的な問題が少なくなってきている分、より正確な解答能力が求められていると言えます。

     算数
大問内容
大問1
計算・日暦算・時計算
大問6
場合の数
大問11
大問2
数の性質・倍数算・割合・速さ
大問7
和と差・調べ上げ
大問12
大問3
角度・面積・相似・回転体
大問8
大問13
大問4
速さとグラフ
大問9
大問14
大問5
点の移動
大問10
大問15
問題解析
問題量は例年通りでした。さほど難しくない問題も多かったので、いつも通りの高得点勝負になったでしょう。速さに関する問題は2題(速さ・点の移動など)出されることがあります。少々複雑なことも多いので、丁寧に情報をまとめて解くトレーニングをしておきましょう。また、大問7に出されることが多い調べる問題についても練習をしておくとよいでしょう。いずれにせよ、多少の変化はありつつも、基本的に毎年同じ出題傾向です。過去問を使って徹底的に訓練しましょう。


     理科
大問内容
大問1
星座
大問6
大問11
大問2
電流と磁界
大問7
大問12
大問3
動物の呼吸
大問8
大問13
大問4
水溶液の密度
大問9
大問14
大問5
鉄と塩酸の反応
大問10
大問15
問題解析
昨年度に引き続き大問5題構成です。すべてが記号選択問題であること、一度は目にしたことのある頻出問題で構成されていることから、合格者平均点はかなりの高得点になっていることが予想されます。まずは単元に偏りなく一通り学習をした上で、過去問演習を通して25分間で効率よく問題を解いていく訓練をしていくと良いでしょう。


     社会
大問内容
大問1
地理総合(北陸地方)
大問6
大問11
大問2
水産業
大問7
大問12
大問3
歴史総合
大問8
大問13
大問4
日本の島々
大問9
大問14
大問5
日本国憲法
大問10
大問15
問題解析
これまでは記号選択問題が中心でしたが、ここ数年は記述問題が増加傾向にあります。今年度は用語記述が11問、短文論述が3問出題されました。いずれも昨年度より増加しています。本校の社会は全体的には基本問題で構成されていますが、受験の範囲を超えた一般教養や雑学的な素養を求める出題が毎年見られることが大きな特徴です。基本事項の定着を徹底し、秋以降は慶應三校の過去問題演習に取り組んでその形式や傾向に慣れ、得点力を高める取り組みをしましょう。


▲ページTOPへ