慶應義塾湘南藤沢中等部

男女 2月2日(一次) 神奈川県藤沢市
科目 試験時間 配点
国語 45分 100点
算数 45分 100点
理科 25分 50点
社会 25分 50点

     国語
大問内容
大問1
知識(植物に関する慣用句)
大問6
大問11
大問2
論説文(鷲田清一『悲鳴を上げる身体』)
大問7
大問12
大問3
物語文(小嶋陽太郎『ぼくのとなりにきみ』)
大問8
大問13
大問4
論述問題(小学校の教室を設計するときに工夫したい点とその理由)
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
知識と読解問題で小問数が18問、それに120字以内の論述問題を45分間で解答していく本校の国語は、時間配分が重要になります。大問2の問7は、最終段落の結論と結びつことに気付けたかどうかがポイントでした。大問4の論述は、工夫したい点と理由をセットで答えなければならないことに注意です。過去問演習を十分に行って、効率的に問題処理をする訓練を積みましょう。

     算数
大問内容
大問1
小問集合(3問)
大問6
流水算
大問11
大問2
小問集合(3問)
大問7
大問12
大問3
規則性
大問8
大問13
大問4
平面図形(正六角形とおうぎ形)
大問9
大問14
大問5
容積と水の体積変化
大問10
大問15
問題解析
慶應3校の中では複雑な問題を出す学校でしたが、ここ数年は解きやすい問題も多く出題されるようになりました。大問3は三角数を応用して調べられるかがポイントです。大問4の正六角形と四分円を組み合わせた図形は見慣れない図形でしたので、戸惑った受験生もいたことでしょう。今年度は平易な問題で構成されていましたが、来年以降は難化することも予想されます。問題の取捨選択を意識しながら、過去問演習を行いましょう。


     理科
大問内容
大問1
川原の石の大きさの調査
大問6
大問11
大問2
二又試験管による気体の発生
大問7
大問12
大問3
てこ
大問8
大問13
大問4
ヒトの体
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
選択問題が中心になっていますが、記述問題が3問、作図問題が2問出題されています。調査結果をまとめたグラフを読み解く問題や、記述されている実験方法に沿って解き進めていく問題が出題されているため、基本的な知識の習得だけでは対応ができません。本校を目指すにあたっては、知識事項をできるだけ早く習得してから、説明文や実験データをしっかりと読み取った上で問題と解き進めていく訓練が必要です。過去問題演習は必須です。


     社会
大問内容
大問1
工業(自動車)
大問6
国会・内閣
大問11
大問2
交通
大問7
条約について
大問12
大問3
社会史(原始~古代)
大問8
大問13
大問4
政治史(中世)
大問9
大問14
大問5
歴史上の人物
大問10
大問15
問題解析
昨年度同様に大問が7題、小問数は41問でした。昨年度まで3年連続で出題されていた論述問題は、今年度は出題されませんでした。難問はそれほどないため、普段の学習から知識の定着度を確実に高めていく必要があります。例年時事問題の出題もある本校ですが、今年度は12月に受賞が発表されたノーベル平和賞についての問題が出されました。世の中の動向に常に関心を持つ姿勢も求められます。


▲ページTOPへ