青山学院中等部

男女 2月2日 東京都渋谷区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 25分 50点
社会 25分 50点

     国語
大問内容
大問1
漢字の書き取り
大問6
大問11
大問2
詩(金井直『木琴』)
大問7
大問12
大問3
寓話(安部公房『安部公房全集9』)
大問8
大問13
大問4
論説文(向井由紀子・橋本慶子『ものと人間の文化史一〇二』)
大問9
大問14
大問5
物語文(村山早紀『コンビニたそがれ堂』)
大問10
大問15
問題解析
例年通り、バラエティに富んだ出題構成です。また、解答用紙もやはり「横書き」です。漢字の書き取りは5問、読解問題は33問あります。枝問まで含めるとさらに多くなります。記述問題は1問(50字)です。文章は短く、難問はありませんが、4つの文章を読むことは受験生にかなりの負担を強います。時間感覚を身につけること、消去法などの効率化を図ることが合格点に届くためのポイントでしょう。

     算数
大問内容
大問1
計算問題(1問)
大問6
割合と比の文章題
大問11
点の移動
大問2
計算問題(1問)
大問7
年令算
大問12
表の整理と割合
大問3
計算問題(1問)
大問8
紙折り
大問13
水の量のグラフ
大問4
面積の単位換算
大問9
ニュートン算
大問14
通過算
大問5
最小公倍数と最大公約数
大問10
複合図形の面積
大問15
問題解析
昨年度同様、大問14題構成で、答えのみを記入する形式となっています。難問・奇問はありませんが、標準レベルの問題が16問ありますので、早く正確に問題を解き進めていく必要があります。合格に向けて、まずはパターン問題を繰り返し練習し、基本解法を定着させます。問題を解く際は、つねに時間を意識するようにしましょう。基本解法が身についたら、過去問演習を繰り返し行って、問題を解ききるスピード感を身につけましょう。


     理科
大問内容
大問1
知識総合
大問6
大問11
大問2
植物のつくり
大問7
大問12
大問3
流水のはたらき
大問8
大問13
大問4
気体の性質
大問9
大問14
大問5
光と波
大問10
大問15
問題解析
制限時間25分に対し小問数が25問でした。文で答える記述問題はありませんでしたので、時間には余裕があったものと思います。大問4の計算や大問5に十分時間を費やしたいところです。大問5は光の三原色の話からマイクロ波や波長の話へ発展。電子レンジの原理や赤外線・紫外線・X線などよく耳にする言葉への理解が問われました。基本的な知識の定着はもちろんのこと、身の回りの科学への関心も必要です。よく聞く用語については意味も含めて理解しておきましょう。


     社会
大問内容
大問1
地形
大問6
国際連合
大問11
大問2
地形図
大問7
行政機関
大問12
大問3
古代~近世史
大問8
国際社会
大問13
大問4
近代史
大問9
大問14
大問5
現代史
大問10
大問15
問題解析
今年度の大問数は8題で、小問数は28問でした。大問ごとの問題は少ないものの、細かな知識も問われており、全体の難易度はかなり高めです。例年の受験者平均点は5割程度、合格者平均点は6割程度ですが、もしかすると例年よりも各平均点は下がっている可能性もあります。問題は選択式と短答式が中心で、論述問題は10字程度の1問のみでした。本校の入試問題の対策は、やはり過去問題学習が最適です。過去問題を解き、そのレベルを確認した上で、ふだんの学習に励んでください。


▲ページTOPへ