青山学院中等部

男女 2月2日 東京都渋谷区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 25分 50点
社会 25分 50点

     国語
大問内容
大問1
漢字の書き取り
大問6
大問11
大問2
論説文(春木豊『動きが心をつくる』)
大問7
大問12
大問3
詩(小沢千恵『つるばら』より「座敷童子」)
大問8
大問13
大問4
論説文(中西雅之『なぜあの人とは話が通じないのか?』)
大問9
大問14
大問5
物語文(森絵都『永遠の出口』)
大問10
大問15
問題解析
例年通りバラエティに富んだ出題構成です。また、解答用紙もやはり「横書き」です。記述問題は例年物語文で1問でしたが、大問3の中に10字、20字が3問ありました。詩の鑑賞文についての出題でした。選択する、抜き出すという客観的な問題では出ない「差」が生まれたはずです。解答する問題数は例年と変わらないことを考えると、受験生の負担は増えています。時間感覚を身につけること、要領よく解くコツを身につけることが必須です。

     算数
大問内容
大問1
計算問題
大問6
相当算
大問11
立体図形(水の体積)
大問2
計算問題
大問7
平面図形(長さ)
大問12
平面図形(面積)
大問3
計算問題
大問8
つるかめ算
大問13
立体図形(体積・表面積)
大問4
植木算
大問9
平均
大問14
速さ
大問5
売買損益
大問10
平面図形(角度)
大問15
問題解析
昨年度と同様に、大問14題、小問16問構成でした。標準的な問題が中心ですが、一部やや手間のかかる、あるいは難易度の高い問題が見受けられます。本校を目指すにあたっては、典型問題を徹底的に学習し、どの単元から出題されてもすぐに手が動くようにしておく必要があります。また、試験時間に対して問題量が多いので、過去問演習を通じて時間配分の感覚を養うとよいでしょう。


     理科
大問内容
大問1
知識総合
大問6
大問11
大問2
オオカナダモの光合成と呼吸
大問7
大問12
大問3
恐竜に関する問題
大問8
大問13
大問4
水素自動車に関する問題
大問9
大問14
大問5
水の状態変化
大問10
大問15
問題解析
大問5題、小問25問で例年通りの出題形式です。大問1は知識総合問題となっており、記述問題はありません。各分野の知識事項が一通り頭に入っていれば、ある程度の点数を取ることは可能ですが、大問3の恐竜の系統樹に関する問題や、大問4の水素自動車に関する問題は、一歩踏み込んだ知識が必要でした。基本的な知識の定着はもちろんのこと、身の回りの科学への関心も必要です。よく耳にする用語については意味も含めて理解しておきましょう。


     社会
大問内容
大問1
世界遺産と訪日外国人旅行者
大問6
1945年の出来事
大問11
大問2
時事問題
大問7
大問12
大問3
社会史(古墳時代)
大問8
大問13
大問4
政治・文化(平安時代)
大問9
大問14
大問5
近世史
大問10
大問15
問題解析
大問は6題で小問数は25問でした。大問1は重要語句を暗記しているだけでは対応できず、その語句に関する細かな知識と現代社会の動きや問題点をどう捉えているかという視点が必要な問題でした。大問5の「地租改正」の目的は15字程度の論述問題ですが、普段から用語の暗記ばかりに時間を割いている受験生は答えづらかったと思われます。過去問題学習を繰り返し行い、求められるレベルがどのくらいなのかを確認して日々の学習に臨みましょう。


▲ページTOPへ