横浜雙葉中学校

2月2日 神奈川県横浜市中区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 40分 80点
社会 40分 80点

     国語
大問内容
大問1
知識(漢字の読み書き、俳句の知識、敬語など)
大問6
大問11
大問2
物語文(宮下奈都『つぼみ』)
大問7
大問12
大問3
論説文(宮内泰介『歩く、見る、聞く 人びとの自然再生』)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度の受験者平均点は66.5点でした。大問2・3ともに5択の選択問題に丁寧に対処することが大切です。大問2の文章はなかなか難解でした。自然とのかかわり、社会の営みについて論じた哲学的な内容で、使用されている語彙レベルも高いものでした。全体的には選択肢問題中心ですが、自由記述形式の問題を含め、記述問題が計4問出題されています。本校を志望する人は過去問にしっかりと取り組むことが大切です。

     算数
大問内容
大問1
計算・小問集合
大問6
大問11
大問2
約束記号
大問7
大問12
大問3
図形の移動
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
受験者平均点は51.6点で、昨年よりも約12点下がりました。大問3の図形の移動は受験生が苦手とする傾向のある単元であり、その影響が出ているものと思われます。例年、本校の問題は小問集合のウエートが高く、この部分の出来が結果を左右することになりますが、今年度は例年以上に大問1の出来が点数に直結したことでしょう。各単元の典型的な問題を繰り返し学習して、大問1で得点を積み上げる力をつけましょう。


     理科
大問内容
大問1
アサガオの結実について
大問6
大問11
大問2
水素と酸素の化合
大問7
大問12
大問3
気圧と飽和水蒸気量
大問8
大問13
大問4
光の反射
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
受験者平均点は49.5点(61.9%)でした。全体的に一度は目にしたことのある問題が多いのですが、大問1には実験方法を説明させる問題、大問4には光の反射を作図しながら考える(解答させる)問題も見られました。例年、記述問題やグラフの作図をはじめ、途中式を記す計算問題が出題されています。パターン暗記だけに留まらず、考える過程(計算問題ならばどのように解答を導いたのかをノートに残す等)を意識した学習を心掛けましょう。


     社会
大問内容
大問1
歴史総合
大問6
大問11
大問2
地理総合(日本の農業・工業・地形図など)
大問7
大問12
大問3
公民総合(憲法・地球環境・国際関係など)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
受験者平均点は43.2点(80点満点中)でした。本校の社会は、あるテーマに基づいたリード文が与えられ、その説明に関する小問に答えるというオーソドックスな出題構成となっています。小問の中には簡単な論述問題も含まれ、今年度は2問出題されました。大問1の与えられた資料から、歴史の研究テーマを自分で考えて書くという問題は、本校における社会の授業スタイルを示すメッセージでしょう。時事問題まで含めた偏りのない学習を心がけましょう。


▲ページTOPへ