山脇学園中学校

2月1日(A日程) 東京都港区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 30分 60点
社会 30分 60点

     国語
大問内容
大問1
説明文(亀田達也『モラル起源』)
大問6
大問11
大問2
物語文(小嶋陽太郎『ぼくのとなりにきみ』)
大問7
大問12
大問3
日本文化が持つ「陰翳」についての論説文
大問8
大問13
大問4
知識(三字・四字熟語、同訓異字・同音異義語)
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問1は人間以外の動物に「互恵的利他主義」が成り立つのかどうかを述べた説明文、大問2は水泳をあきらめた主人公と家族の絆の物語文、大問3は谷崎純一郎の「陰翳礼賛」という文章を引用した日本文化論です。言葉の意味、意見や気持ちの理由などについて問われ、総合力が試されます。目新しい問題としては、大問3で失われた日本文化の具体例と感想を述べる論述が出題されました。過去問題演習を十分に積んで、時間配分のコツをつかむ必要があります。

     算数
大問内容
大問1
計算・小問集合
大問6
大問11
大問2
小問集合
大問7
大問12
大問3
立体図形
大問8
大問13
大問4
表の読み取り
大問9
大問14
大問5
立体図形(水の問題)
大問10
大問15
問題解析
大問5題構成で、大問2までの小問数も10問と昨年度までと同じ形式です。例年、小問数は合計20問前後ですので、大問2までの出来が最終的な得点に大きく影響します。典型的な一行問題ですので、各単元の基本的な問題を繰り返し学習しておきましょう。大問3以降は考え方を記述させる形式ですので、普段から途中式をていねいに書く習慣をつけておくとよいでしょう。


     理科
大問内容
大問1
水の状態変化
大問6
大問11
大問2
流水のはたらき
大問7
大問12
大問3
圧力・重心
大問8
大問13
大問4
富士山を題材とした総合問題(地学・生物)
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問1・2は知識問題、大問3・4は日常生活や自然の中の体験を題材にした問題を出題し、大問1→2→3→4の順に難度が高くなるように作成すると学校説明会でも公表されています。大問4はリード文や会話文・図表をもとにして、岩石・治水・森林の植物について考えさせる問題が出題されました。典型問題・基本事項を確実なものにすることが最優先です。その上で、データ処理して答えを導く問題や計算問題を、本校の過去問題で対策しましょう。


     社会
大問内容
大問1
地形図
大問6
大問11
大問2
日本における住居の歴史
大問7
大問12
大問3
公害と裁判
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
各分野から大問1題ずつの出題、小問は37問で例年通りの構成です。地理分野で地形図が出題されるのは、今年度で6年連続となりました。また、歴史分野はあるテーマに沿った時代縦断型の出題、公民分野では日本国憲法が必須、論述問題は4問前後など出題傾向が明確です。過去問題学習で出題形式や傾向を早めにつかみ、事前の対策を入念に行ないましょう。全体を通して歴史の配点が高くなっています。基礎基本の反復学習を実践してください。


▲ページTOPへ