山脇学園中学校

2月1日(A日程) 東京都港区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 30分 60点
社会 30分 60点

     国語
大問内容
大問1
論説文(榎本博明『〈自分らしさ〉って何だろう?』)
大問6
大問11
大問2
物語文(大崎梢『だいじな未来のみつけ方』)
大問7
大問12
大問3
広告が現代社会に与える影響についての説明文
大問8
大問13
大問4
副詞・連体詞
大問9
大問14
大問5
多義語
大問10
大問15
問題解析
大問5題という出題数は例年通りでしたが、大問3が文章をもとにして知識を問う形式から、知識に加えて内容理解を試す問題が増えました。「テレビコマーシャル」についての自由記述は今までにない設問形式でした。大問1は日本人と欧米人の自己のあり方の違いについての論説文、大問2は友情がテーマの物語文です。大問4・5の知識は理解力が試される問題でしたので、差がついたのではないかと思われます。

     算数
大問内容
大問1
小問集合(8問)
大問6
大問11
大問2
割合と比の文章題・平面図形
大問7
大問12
大問3
水量変化とグラフ
大問8
大問13
大問4
速さとグラフ
大問9
大問14
大問5
規則性
大問10
大問15
問題解析
例年、式や考え方を書かせる問題が出題されます(今年度は7問)。大問1~3は基本・標準レベルですので、失点せずに解き進めたいところです。大問4はダイヤグラムをうまく活用することができれば難なく解くことができます。ケアレスミスに気を付けて解き進めることはもちろんですが、考えた過程をどう相手に伝えるのか、ポイントはどのように書けば伝わるのかを意識して学習に取り組みましょう。


     理科
大問内容
大問1
電流回路
大問6
大問11
大問2
動物の分類
大問7
大問12
大問3
天体(太陽と月)
大問8
大問13
大問4
浮力
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
全部で4題構成で、4分野から各1題出題されています。大問1・2はオーソドックスな問題でした。大問3・4は誘導問題形式で、問題文からヒントをつかんで解き進めます。ただし、天体・浮力という難しめのテーマのため、解きにくかった受験生も多かったと思います。時事問題では大問3で「うるう秒」が出題されました。対策としては、典型問題演習を行い、過去問演習で誘導問題に慣れると良いでしょう。


     社会
大問内容
大問1
地理総合(地形図)
大問6
大問11
大問2
歴史総合(東京の歴史)
大問7
大問12
大問3
公民総合(地方自治・在日外国人)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
出題傾向は例年通りです。大問1は4年連続で地形図です。地形図の読み取りだけではなく、その地域に関連する産業も出題されます。標準的ですが地理の総合力が問われる内容です。歴史は今年度もテーマに沿った時代縦断型の出題で、短文論述や歴史的な出来事の年代順の並べ替えの問題、用語・語句が漢字指定であるのも従来通りでした。公民では社会的に関心の高い題材が扱われる傾向にあるので、日頃から世の中の出来事に注意を向けましょう。


▲ページTOPへ