普連土学園中学校

2月1日(第1回) 東京都港区
科目 試験時間 配点
国語 60分 100点
算数 60分 100点
理科 30分 75点
社会 30分 75点

     国語
大問内容
大問1
論説文(堀井憲一郎『いつだって大変な時代』)
大問6
大問11
大問2
物語文(瀬尾まいこ『ティーンエイジ』)
大問7
大問12
大問3
漢字の読み書き
大問8
大問13
大問4
漢字の知識
大問9
大問14
大問5
ことわざ、慣用句
大問10
大問15
問題解析
例年通り、解答用紙がB4版2枚にわたり、たくさん手を動かさなければならない問題です。求められている記述量も昨年度とほぼ同じといえます。本校が他校と異なるのは△(部分点があたえられる)の選択肢が用意されていることで、それだけ選択肢の慎重な見分けが必要です。大問1・大問2とオーソドックスなつくりの問題が中心ですが、前者は語彙レベルがやや高い文章のため、手間取った受験生がいたかもしれません。

     算数
大問内容
大問1
計算問題
大問6
サイコロの積み木
大問11
大問2
倍数・平均・円と面積
大問7
大問12
大問3
通過算とグラフ
大問8
大問13
大問4
差集め算
大問9
大問14
大問5
場合の数
大問10
大問15
問題解析
大問6題、小問22問の構成でした。大問3は見慣れない視点のグラフでした。びっくりした受験生も多かったのでは。また、大問6は、本校の特徴でもある会話文の穴埋め問題です。解答用紙は例年通り途中式を書かせる形式です。日頃から途中式をていねいに書き、記述の訓練をしておくことが重要です。その際には、ただ式を並べるだけではなく、コンパクトにまとめる練習もしておきましょう。また、大問6については問題形式に慣れておく必要があります。過去問演習を通して訓練しておきましょう。


     理科
大問内容
大問1
ばねと浮力
大問6
大問11
大問2
エタノールの性質
大問7
大問12
大問3
植物の芽生え
大問8
大問13
大問4
夏の星座
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問1は昨年度も出題された浮力に関する問題、大問3は「もやし」をテーマにした問題でした。もやしは大豆が発芽したものであることを知らないと解きにくい問題でした。例年、グラフの作図や途中式を書かせる問題が出題されますが、難解な問題は見られません。典型的な問題を定着させることが大切です。生物分野からは難度の高い問題が出題も見られます。身近にある生物については日頃から興味・関心を持つようにしましょう。


     社会
大問内容
大問1
日本の貿易と食糧自給率
大問6
大問11
大問2
日本の地形・気候
大問7
大問12
大問3
女性の権利について
大問8
大問13
大問4
世界の国々・国際関係
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
全般的に標準的な問題が中心で、決して難しいものではありません。地理分野は日本国内の地形や気候、自然災害について。歴史分野では各時代の主要人物、出来事について。公民分野では国際関係や人権について問われています。TPP、女性活躍推進法の成立、夏季オリンピックと、時事的な話題に絡めて基本知識を問う形式です。世の中で起こっていることに目を向け、日々の学習と結び付ける姿勢が求められます。


▲ページTOPへ