雙葉中学校

2月1日 東京都千代田区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 30分 50点
社会 30分 50点

     国語
大問内容
大問1
随筆文(田中陽子『ゆずりはの詩』)
大問6
大問11
大問2
物語文(辻村深月『光待つ場所』)
大問7
大問12
大問3
漢字の書き取り・慣用表現
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
昨年はファンタジーの要素を含む物語文を出題して驚かされた雙葉ですが、今年度は5年~10年前の好んで出題された文章傾向に近かったように思います。本校はちょっとしたことばのニュアンスの違いや慣用表現など受験生が持つ語彙力の多寡を試す問題が多いのが特徴的です。求められる記述量は例年よりやや少なめでしたが、それでも本校を目指すためには時間をかけて骨太な読解力と数多くのことばの知識を身につけていかねばなりません。

     算数
大問内容
大問1
小問集合
大問6
大問11
大問2
年令算
大問7
大問12
大問3
平面図形
大問8
大問13
大問4
時計算
大問9
大問14
大問5
正四面体の展開図と規則性
大問10
大問15
問題解析
今年度は「時計算」や「立体の展開図」など、本校では近年出題されていないテーマが見られ、戸惑った受験生もいたようです。また、易化傾向が続いた昨年度までに比べるとやや解きづらかったかもしれません。問題のテーマ自体はオーソドックスであるものの、煩雑な処理を要するといった特徴は例年通りでした。丁寧に計算をすすめ、確認を繰り返しながら正確に解き切ることが求められます。緻密な計算力養成のため、日頃から意識的に練習を積みましょう。


     理科
大問内容
大問1
パイプオルガンの音階に関する問題
大問6
大問11
大問2
魚類とヒトの呼吸に関する問題
大問7
大問12
大問3
水溶液の液性に関する問題
大問8
大問13
大問4
地層に関する問題
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問4題、計算問題は途中式を書かせる形式となっています。問題の傾向はこれまで同様、思考力を問われる計算や記述問題が出題されていますが、基本的な知識を問う問題も多く出題されています。大問4では「チバニアン(千葉時代)」の提唱が承認されたという時事を踏まえた地層に関する問題が出題されました。基本的な知識事項を確実なものにすると同時に、様々な事象に興味を持ち、調べたり考えたりすることを通して思考力を鍛えることが肝要です。


     社会
大問内容
大問1
分県図
大問6
大問11
大問2
現代の日本
大問7
大問12
大問3
社会史
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度は本校独特の解答用紙のサイズが大きめに変更されましたが、大問構成や小問数、論述問題の数などは例年通りでした。また、歴史分野の配点が高いことも昨年度までと同じです。本校の特徴は選択肢の見分けにくさで、それぞれの選択肢を正しく読み取る力と知識の理解力、正確性が問われます。難度の高い知識が求められるわけではありません。過去問題学習を通じて本校の出題形式や傾向に慣れ、苦手分野の克服を早めに行いましょう。


▲ページTOPへ