雙葉中学校

2月1日 東京都千代田区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 30分 50点
社会 30分 50点

     国語
大問内容
大問1
随筆文(森下典子『日日是好日』)
大問6
大問11
大問2
俳句と解説文(好本惠『俳句とめぐりあう幸せ』)
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問1は「お茶」の良さを「時間の流れの中で自身の成長を実感させてくれるもの」とし、映画の例などと重ね合わせている文章。比喩表現の具体化を求める設問が多く出題されました。大問2は雙葉では大変珍しい「俳句」を扱った文章で驚いた受験生も多かったのではないでしょうか。ただ、俳句の知識そのものを試す問題は少なく、一つの「説明文」と考えることが大切です。いずれにせよ、過去問の傾向を鵜呑みにせず、日頃から幅広い分野の学習に取り組むことが必要です。

     算数
大問内容
大問1
計算・割合・速さ・食塩水
大問6
大問11
大問2
水そうと水の出し入れ
大問7
大問12
大問3
六角数と三角数
大問8
大問13
大問4
求積問題
大問9
大問14
大問5
規則性
大問10
大問15
問題解析
昨年に引き続き大問5題構成です。雙葉の算数といえば、問題のテーマ自体はオーソドックスであるものの計算処理が大変煩雑な印象があります。しかし、昨年に引き続き今年も解きやすい問題が並びました。大問2は解き方次第でやや面倒な処理を必要としますが、本校を目指して準備をしてきた受験生にとっては障害にはならない問題だったでしょう。今後の傾向については判断が難しいところです。繁雑な計算を要する問題が出題されても対応できるように準備しておきましょう。


     理科
大問内容
大問1
食物連鎖
大問6
大問11
大問2
電力
大問7
大問12
大問3
酸化と還元
大問8
大問13
大問4
東京の地形
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問4題、計算問題は途中式を書かせる形式となり、一昨年度までの出題形式に戻りました。問題の傾向はこれまで同様、思考力を問われる計算や記述問題が出題されました。大問2では、家庭用電源のブレーカーをテーマにした問題が出題されました。基本的な知識事項を確実なものにすると同時に、様々な事象に興味を持ち、調べたり考えたりすることを通して思考力を鍛えることが肝要です。


     社会
大問内容
大問1
歴史(総合)
大問6
大問11
大問2
地理(総合)
大問7
大問12
大問3
公民(国内政治)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問1は政治史を中心にした問題です。分量はもっとも多く、おそらく満点の半分程度を歴史分野が占めているようです。大問2の地理は新幹線の起点・終点を切り口にした問題です。知識問題が中心でした。そして大問3は国内政治からの出題です。国民主権と間接民主制に関する論述問題が出されていました。全体的に知識問題の多い学校ですが、求められる知識はかなりレベルの高いもの。参考書を隅々まで理解する必要がある学校です。


▲ページTOPへ