フェリス女学院中学校

2月2日 神奈川県横浜市中区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 30分 60点
社会 30分 60点

     国語
大問内容
大問1
物語文(小川国夫『彼の故郷』)
大問6
大問11
大問2
説明文(村井吉敬『エビと日本人』)
大問7
大問12
大問3
敬語の知識
大問8
大問13
大問4
漢字の読み書き
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問1の物語文は、昨年同様に選択問題や抜き出し問題が中心であり、登場人物の心情を客観的に把握する力が試されています。選択肢の文章がやや長いので丁寧に読み込みましょう。大問2は説明文。例年通り条件記述問題が数問と自由記述問題(問6)が1問出題されています。自由記述問題は社会的な知識が求められていて、かなり難しい問題といえるでしょう。大問3・大問4は基礎的なレベルですので、取りこぼさぬようにしたいものです。

     算数
大問内容
大問1
小問集合
大問6
大問11
大問2
割合と比の文章題
大問7
大問12
大問3
図形の平行移動
大問8
大問13
大問4
立方体を切断した立体の展開図
大問9
大問14
大問5
不等式
大問10
大問15
問題解析
大問1は計算、円と角度、往復の平均の速さ、推理算、おうぎ形の面積でした。大問2は条件を表にまとめて数量関係の比を求めていくのがポイントです。大問4の展開図では組み立て方が異なる場合を考える問題で、面くらってしまった受験生が多かったでしょう。ここ数年フェリスにしては平易な問題が多かったですが、今年度は難度が高い問題が多くありました。また、立体図形が出題されるようになりました。難関校のハイレベルな問題を数多く経験し対策をしましょう。


     理科
大問内容
大問1
水溶液の分類の実験
大問6
大問11
大問2
浮力
大問7
大問12
大問3
オオカマキリについて
大問8
大問13
大問4
凪について
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問4題と1題減少しましたが、小問数は49問と昨年度よりも増加しました。ここ数年は難化傾向にありましたが、今年度は易化しました。問題を効率良く解き進めることが大切な構成でした。記述問題は毎年多く出題されますが、基本的な用語の説明や実験結果の考察など様々です。頻出問題に対する理解を確実にし、過去問を通して毎年出題される記述問題の対策を十分に行っておきましょう。


     社会
大問内容
大問1
公民(総合)
大問6
大問11
大問2
地理(総合)
大問7
大問12
大問3
歴史(総合)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問1は税金をテーマにした出題。ただし分量は少なく、小問数は4問です。大問2は地理分野からの出題です。自然環境や各産業の知識が問われました。そして大問3はアジア・太平洋にまたがる知識を問う歴史分野の問題です。外交史が主ですが、かなり細かい知識も問われ、難易度の高い出題でした。入試問題全体の論述問題は8問であり、多くは知識を説明させるもの。表面的な知識だけでは太刀打ちできない問題でした。


▲ページTOPへ