豊島岡女子学園中学校

2月2日(第1回) 東京都豊島区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 理社合わせて50分 50点
社会 理社合わせて50分 50点

     国語
大問内容
大問1
論説文(榎本博明『「やさしさ」過剰社会』)
大問6
大問11
大問2
物語文(本田昌子『夏の朝』)
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
昨年度と同じ出題構成です。記述問題は90字、100字の2問です(昨年度は55字と65字の2問)。今年度は選択問題が大幅に増加しています。しかも5択ですから、読む総字数は明らかに多くなりました。記述字数の増加と併せると難度は上がったといえるでしょう。正確な読解力を身につけるべく、過去問題演習はもちろん、日頃から高いレベルの文章に触れておくとよいでしょう。論説文は要約文を書く習慣を身につけておくと効果があります。

     算数
大問内容
大問1
小問集合(4問)
大問6
立方体の切断
大問11
大問2
小問集合(4問)
大問7
大問12
大問3
約束記号
大問8
大問13
大問4
旅人算
大問9
大問14
大問5
相似と面積比(メネラウス型)
大問10
大問15
問題解析
受験者平均点は61.27点、合格者平均点は74.75点でした。昨年度同様、今年度も高得点勝負となりました。大問1は計算問題、割合、数列の和、数の性質です。大問2の小問はやや難度の高い問題で、いもづる算、周期(ライトの点滅)、食塩水の入れ替え、おうぎ形の弧の長さでした。大問4と6は難度が高く、差がついた問題と思われます。例年難度が高い典型題が出題されます。一行問題の応用題の演習は不可欠です。


     理科
大問内容
大問1
物体の衝突実験・振り子の運動
大問6
大問11
大問2
物質の三態と体積変化
大問7
大問12
大問3
昆虫の知識・死亡率の計算
大問8
大問13
大問4
岩石の風化と災害
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点(得点率)は35.8点(71.6%)でした。大問1は標準問題ですので、全問正解することが必要です。大問2では光発芽種子に関する実験問題が出題されました。大問3と大問4は問題文に与えられた条件を正確に読み取り、丁寧に計算することが求められる非常に解き応えのある問題です。理系教育に力を入れている本校だけに、物理・化学分野の計算問題は男子校顔負けの難度です。特に力を入れて対策を行いましょう。


     社会
大問内容
大問1
社会保障
大問6
大問11
大問2
天然資源
大問7
大問12
大問3
日本の教育史・学校の歴史
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
各分野から大問1題ずつ、短文論述1問を含む小問は25問、公民分野で時事問題の出題があるという出題構成は例年通りです。今年度も一部で難問(乳幼児期の予防接種についてなど)がありますが、合格者の平均得点率は昨年度並みに約68%で、こちらも例年通りの高得点勝負となっています。問われている知識は標準レベルが多く、設問文などに惑わされないように早く正確に解く練習を積み重ね、得点力を上げましょう。


▲ページTOPへ