東洋英和女学院中学部

2月2日(A日程) 東京都港区
科目 試験時間 配点
国語 45分 100点
算数 45分 100点
理科 30分 60点
社会 30分 60点

     国語
大問内容
大問1
物語文(伊藤整『少年』)
大問6
大問11
大問2
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
本校の国語は、物語文(随筆文)・説明文(論説文)の二題構成でしたが、昨年度と今年度は物語文一題のみの出題になりました。出題された物語文は有名なので、目を通したことのある人がいたかもしれません。設問については、心情やことばの意味をじっくり考えさせるものを中心としたオーソドックスな選択肢問題が中心です。問8・問9・問13は記述問題です。特に問9は解答用紙ではなく問題用紙に設けられた解答欄に書かねばならないので注意が必要です。

     算数
大問内容
大問1
計算問題(3問)
大問6
推理算
大問11
大問2
小問集合(5問)
大問7
さいころの展開図
大問12
大問3
円とおうぎ形
大問8
ダイヤグラム
大問13
大問4
割合と比
大問9
立体図形の体積
大問14
大問5
3量のつるかめ算
大問10
数の性質
大問15
問題解析
合格者平均点は71.4点と例年並みでした。大問3は例年通り、おうぎ形を組み合わせた面積の問題で「ゾウさん」でした。大問5は差がつく問題の3量のつるかめ算、大問8は例年出題されるグラフの問題でした。かたよりなくさまざまな単元から出題されます。苦手単元をつくらないよう、標準的な問題集を繰り返し演習させましょう。また、出題傾向がはっきりしているので、過去問演習が一番の対策になります。


     理科
大問内容
大問1
実験操作・気体の燃焼
大問6
大問11
大問2
豆電球の回路と電流
大問7
大問12
大問3
流水と地形・地層の形成(グランドキャニオン)
大問8
大問13
大問4
エンマコオロギとエゾススの生活史
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は44.5点(74.2%)でした。生物分野の問題に特徴のある本校ですが、今年度も昆虫を題材とした実験考察が出題されました。また、全体を通して記号選択問題で複数解答させるものが多かったのも特筆すべき点です。日々の学習において、知識問題や典型問題での正答率を高める学習を心掛けてください。さらに、与えられた説明文やグラフから「何を問われて何を答えるのか」を考える習慣をつけましょう。


     社会
大問内容
大問1
日本と世界のつながり(地形・貿易など)
大問6
大問11
大問2
政治史
大問7
大問12
大問3
司法
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度の小問数は34問で、一行程度の論述問題が7問出題されました。大問1は日本とカナダのつながりをテーマとした問題でした。問4の太平洋プレートの動き、問6のサマータイムの利点など学習内容の深度を図る問題が出題されました。大問2は基本的な問題ばかりですのでしっかり得点したいところです。大問3は一見やさしそうに見えますが、司法についての本質を理解していないと戸惑ったかもしれません。時事問題も含め幅広い知識を身につけましょう。


▲ページTOPへ