東京女学館中学校

2月1日(第1回) 東京都渋谷区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 30分 50点
社会 30分 50点

     国語
大問内容
大問1
論説文(亀田達也『モラルの起源』)
大問6
大問11
大問2
物語文(小嶋陽太郎『ぼくのとなりにきみ』)
大問7
大問12
大問3
説明文(出典不明)
大問8
大問13
大問4
知識問題(熟語・漢字の書き取りなど)
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
例年通り文章2題構成でしたが、今年度は変化が見られました。大問3にやや短めの説明文(おそらく学校教員が執筆したオリジナル)が加わったのです。このため、過去問に慣れている受験生は時間配分に苦労したことと思われます。この大問3では自由記述問題が盛り込まれたのも注目すべきポイントでしょう。また、例年2問出題された記述問題が今回は5問に増えたのも大きな変化です。来年度もこのスタイルを貫くのでしょうか。

     算数
大問内容
大問1
計算問題
大問6
売買損益
大問11
大問2
小問集合
大問7
ニュートン算
大問12
大問3
図形の移動
大問8
大問13
大問4
数の性質
大問9
大問14
大問5
平面図形
大問10
大問15
問題解析
例年通り大問7題構成で、合格者平均点は72.5点となり昨年度より14.5点上がりました。本校の問題は基本~標準レベルの典型問題が大半を占めます。取りこぼしをせずに得点を積み上げるために、まずは各単元の基本的な問題を繰り返し学習して解法を頭に入れることが必要です。その上で、過去問演習を通じてどの程度のペース配分で解くべきかの感覚を養っていきましょう。


     理科
大問内容
大問1
天体
大問6
大問11
大問2
水中の生物(メダカとミジンコ)の観察
大問7
大問12
大問3
食塩水の密度
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
平均点は合格者34.7点(69.4%)、受験者29.0点(58.0%)と公表されています。大問3題の構成で、物理分野からの出題はありませんでした。今年度は作図が出題されず、自由記述が昨年度同様2問出題されています。例年通り、計算問題(今年度は大問3)が合否を分ける問題だと思われます。対策としては、基礎知識の定着させたうえで、過去問演習を繰り返し行い、問題レベルやペース配分を掴むと良いでしょう。


     社会
大問内容
大問1
日本の人口と社会情勢
大問6
大問11
大問2
広島県
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
昨年度に引き続き、短文論述が8問出題されました。単なる用語や事柄の説明ではなく考えて解答をつくらなければいけない内容になっているので、解答作成の練習を事前に積む必要があります。今年度は小問数が減ったので昨年度よりも合格者平均点が高くなりましたが、この2年間で難度は上がっています。全体を通して、受験生の社会への関心度・問題意識を問う傾向を感じます。日頃から社会や世の中に目を向け、当事者意識を持ちましょう。


▲ページTOPへ