海城中学校

2月1日(第1回) 東京都新宿区
科目 試験時間 配点
国語 50分 120点
算数 50分 120点
理科 45分 80点
社会 45分 80点

     国語
大問内容
大問1
物語文(瀬尾まいこ『君が夏を走らせる』)
大問6
大問11
大問2
論説文(岡田美智男『〈弱いロボット〉の思考 わたし・身体・コミュニケーション』)
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
120点満点で合格者の平均点は75.4点(昨年度は79.2点)でした。本校の国語の特徴は読解問題2題(大抵は物語文と論説文)の中に漢字と記述問題の2~3題がある他は、選択問題がほとんどを占めるという点です。選択肢にそれほど紛らわしいものはなく、本文中の根拠を正しくおさえていけば正解が得られますので、ここでの失点は避けたいものです。大問1の心情変化は、普段からこの類の記述練習をどれだけ積んできたかで差がついたと思われます。

     算数
大問内容
大問1
小問集合
大問6
立体図形(立方体の切断)
大問11
大問2
旅人算
大問7
大問12
大問3
数の性質(約数の逆数の和)
大問8
大問13
大問4
円の中を円が転がる問題
大問9
大問14
大問5
場合の数(道順)
大問10
大問15
問題解析
受験者平均点は68.1点(57%)合格者平均点は83.2点(69%)と昨年度より問題が難しくなりました。小問集合は、計算問題が1問、差集め算、おまけの問題、三角形の三分割の問題でした。大問3の数の性質の問題では、上位校特有の誘導に乗るタイプの問題でした。大問6の立体の切断は頻出問題です。例年よく練られた良問が出題されます。同レベルの男子校の問題を数多く取り組むことが対策になります。


     理科
大問内容
大問1
浮力
大問6
大問11
大問2
気体の性質
大問7
大問12
大問3
植物群系と気温・降水量の関係
大問8
大問13
大問4
日食を題材とした総合問題
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は49.9点(62.4%)で、例年よりも高くなりました。一度は解いたことのある問題も多く、取り組みやすかったはずです。しかし、易化傾向が来年度以降続くとは限りません。本校の理科は難度が高く、戦略的な学習が必要です。典型問題や基本事項の早期定着はもちろんのこと、初見の問題に対応するために「図表から原理や法則などを見抜く訓練」と「表現力と記述力の養成」に注力しましょう。過去問題の演習と解き直しが重要です。


     社会
大問内容
大問1
総合問題
大問6
大問11
大問2
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度のテーマは「瀬戸内海におけるさまざまな船」でした。長めのリード文といくつかの論述問題を含んだ12問前後の小問数という出題構成にも変化はありません。今年度の論述問題は、50字以内、100字以内、200字以内が各1問ずつでした。論述問題は与えられた資料を基に解く形式ですが、試験時間を考えるとある程度はゆとりを持って取り組める分量です。過去問題学習を通じて資料の読み解きと解答をつくる練習をくり返しましょう。


▲ページTOPへ