田園調布学園中等部

2月1日(第1回) 東京都世田谷区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 30分 50点
社会 30分 50点

     国語
大問内容
大問1
物語文(椰月美智子『14歳の水平線』)
大問6
大問11
大問2
随筆文(やなせたかし『わたしが正義について語るなら』)
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
例年通りの構成です。物語文は2年連続で頻出作家の作品からの出題です。5択の選択肢は心情把握、2問ある記述問題は本文中の事実内容の把握という内容です。随筆文はアンパンマンというヒーロー像から社会全体について述べるという文章です。選択問題は5択ですが、各文がとても短いです。物語文と随筆文は設問数が同じでも、学校側が物語文に重きを置いていることがよくわかります。場面設定や心情を把握する力を徹底的に鍛え上げましょう。

     算数
大問内容
大問1
計算・小問集合
大問6
大問11
大問2
速さ(ダイヤグラム)
大問7
大問12
大問3
文章題(食塩水)
大問8
大問13
大問4
規則性
大問9
大問14
大問5
文章題(表・和と差の文章題)
大問10
大問15
問題解析
昨年同様、大問5題構成です。大問2~4は考え方・途中式を書かせる形式となっています。大問5は表を読み取り、条件にしたがって穴埋めをしていく問題です。見た目に惑わされず表を整理していけば難しい問題ではありません。対策としては、全体的に基本パターンに則った問題が多いので、各分野の基本問題を中心にトレーニングを積むと良いでしょう。過去問演習を多く行い、間違えた単元を中心に補強していきましょう。


     理科
大問内容
大問1
心臓について
大問6
水溶液の分類
大問11
大問2
インゲンマメ・トウモロコシ・タンポポ
大問7
大問12
大問3
定滑車と動滑車
大問8
大問13
大問4
豆電球の回路
大問9
大問14
大問5
金星・火星・地球
大問10
大問15
問題解析
昨年度同様、大問6題の問題構成でした。難問や奇問はありませんが、小問数が34問、そのうち記述および計算問題が計7問出題されていることを考えると、効率よく問題を解いていくことが重要になります。各分野の基本事項をしっかりと身に付けた上で、過去問演習を通して、時間内に問題を解き終えるのに必要なスピード感を養っておくと良いでしょう。


     社会
大問内容
大問1
総合問題
大問6
大問11
大問2
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
出題形式は例年と同様。5ページも続く長いリード文のテーマは富士山でした。そして、三分野がバランス良く配置された小問の数は56問もあります。社会の配点は60点ですから、ほぼすべて1点です。目についた問題としては、「三保の□□」の空らん適語補充問題など、富士山関連の問題も出題されていました。試験時間は30分。いろいろと考えている時間はありません。過去問題を通じて、テキパキと問題をこなせるように準備しておきましょう。


▲ページTOPへ