田園調布学園中等部

2月1日(第1回) 東京都世田谷区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 30分 50点
社会 30分 50点

     国語
大問内容
大問1
物語文(原田マハ『リーチ先生』)
大問6
大問11
大問2
論説文(松原耕二『聞く力、話す力 インタビュー術入門』)
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
文章読解2題は例年通りの構成です。昨年度までは選択問題中心でしたが、今年度は副詞の空欄補充、文章の表現の特徴の2問以外はすべて記述問題になりました。字数指定のない問題ばかりでしたが、傍線部周辺の語を紡いでいけば正解の記述になるものがほとんどです。ただし、論説文では自分の体験や意見を書く問題があります。過去問題で練習しましょう。その他の対策としては、通常授業や宿題などの問題演習の中で実力を養っていくとよいでしょう。

     算数
大問内容
大問1
小問集合(10問)
大問6
大問11
大問2
相似と面積比
大問7
大問12
大問3
旅人算とダイヤグラム
大問8
大問13
大問4
約束記号
大問9
大問14
大問5
割合(円グラフと棒グラフ)
大問10
大問15
問題解析
受験者平均点は66.1点でした。昨年度が58.6点でしたので、昨年よりやさしくなったと言えます。大問1の一行問題は標準的より平易ですので確実に得点を重ねたいところです。大問3・4は考え方・途中式を書かせる形式となっています。本校は、全体的に基本パターンに則った問題が多いので、各分野の基本問題を中心にトレーニングを積むと良いでしょう。過去問演習を多くおこない、苦手分野を中心に補強していきましょう。


     理科
大問内容
大問1
こん虫
大問6
大問11
大問2
台風
大問7
大問12
大問3
水溶液の性質
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度は大問4題構成(各分野より1題ずつ出題)となりました。難問や奇問はありませんが、小問数が31問、そのうち記述・作図および計算問題が計12問出題されていることを考えると、効率よく問題を解き進めていくことが重要になります。各分野の基本事項をしっかりと身に付けた上で、過去問演習を通して、時間内に問題を解き終えるのに必要なスピード感を養っておくと良いでしょう。


     社会
大問内容
大問1
総合
大問6
大問11
大問2
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
あるテーマに沿った長文を読ませ、そこから各分野についての知識を問うという本校のスタイルは、今年度も踏襲されています。小問数が50問近くあり、その中に論述問題も含まれるため、テンポよく解答していくことが必要とされます。また、設問の大部分が漢字指定となっていることから、普段の学習から重要用語については正確な漢字で覚えることが求められます。社会を苦手科目にしないよう、勉強時間をしっかりとって準備しましょう。


▲ページTOPへ