玉川聖学院中等部

2月2日(第1回) 東京都世田谷区
科目 試験時間 配点
国語 45分 100点
算数 45分 100点
理科 35分 100点
社会 35分 100点

     国語
大問内容
大問1
随筆文(さくらももこ『あのころ』)
大問6
大問11
大問2
説明文(高槻成紀『動物を守りたい君へ』)
大問7
大問12
大問3
漢字の読み書き、知識(慣用句・呼応の副詞・文学史)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
問題構成は昨年度と同様でした。大問1の随筆文は筆者の体験と意見・感想を読み分けるという作業ができていれば高得点が取れたはずです。大問2の説明文は形式段落ごとの要点をうまくつかみながら読み進めることで、設問に十分対応できたでしょう。大問3の文学史については2年連続の出題です。本学の国語は難問ではありません。塾での漢字・知識テストで合格点をとること、読解では先生の指示を守って問題解答を行うことで、得点力をつけましょう。

     算数
大問内容
大問1
計算問題(5問)
大問6
条件整理(ゲームの点数)
大問11
大問2
文章題小問(5問)
大問7
大問12
大問3
図形小問(2問)
大問8
大問13
大問4
柱体の体積
大問9
大問14
大問5
旅人算とグラフ
大問10
大問15
問題解析
大問1は計算が5問、大問2は基本的な一行問題が5問でした。大問3は角度、面積、大問4は円柱がくりぬかれた直方体、大問5はダイヤグラムの問題、大問6はゲームの得点の問題でした。例年、最後の大問には説明文が長めの問題や、グラフの問題が出題されますが、いずれも基本問題です。日頃から計算問題演習と一行問題をしっかりとおこない、基本解法をしっかりと身につけておきましょう。


     理科
大問内容
大問1
ばねとてこ
大問6
大問11
大問2
水の状態変化
大問7
大問12
大問3
食物連鎖
大問8
大問13
大問4
流水のはたらき
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
例年通りの大問4題構成で、各分野より1題ずつ出題されています。記述問題が2問出題されていますが、基本知識が定着していれば、問題なく解けるレベルの問題でした。難解な問題はなく、典型的な問題を解く力を定着させることが大切です。本校の合格を目指すにあたっては、過去問演習を通して出題傾向を知り、典型問題を解ききるのに必要な知識・計算力を鍛えましょう。


     社会
大問内容
大問1
世界の国々
大問6
気候変動・エネルギー
大問11
大問2
公害
大問7
奈良県・京都府
大問12
大問3
制度史
大問8
森林
大問13
大問4
歌舞伎と狂言
大問9
大問14
大問5
国会・財政
大問10
大問15
問題解析
今年度も8題構成で、論述問題もありません。出題範囲は幅広い一方で、多くは基本レベルの問題です。授業で学習したことを丁寧に復習し、定着させていくようにしましょう。全ての分野において資料の読み取りが多いので練習が必要です。テキストなどに出ているグラフや表などのデータは必ず目を通し、身につけた知識と関連付けていく習慣をつけましょう。過去問題学習を通じて慣れていくのがよいでしょう。


▲ページTOPへ