洗足学園中学校

2月1日(第1回) 神奈川県川崎市高津区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 理社合わせて60分 75点
社会 理社合わせて60分 75点

     国語
大問内容
大問1
説明文(鷲田清一『悲鳴をあげる身体』)
大問6
大問11
大問2
物語文(ひろのみずえ『いつまでもここでキミを待つ』)
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
受験者の平均点は61.4点(昨年度は60.8点)で、問題構成は昨年度と変化はありませんでした。大問1は人間生活でいのちのやりとりが外部化されたことによる問題点を述べた論説文、大問2は自分に自信を持てない少女の葛藤を描いた物語文でした。洗足学園の国語は、記述問題の出来がポイントです。抽象的な表現を具体的に説明する記述問題など、表現力が必要な問題の訓練を普段から積んでおきましょう。

     算数
大問内容
大問1
計算問題(2問)
大問6
大問11
大問2
小問集合(標準)
大問7
大問12
大問3
小問集合(応用)
大問8
大問13
大問4
点の移動と面積変化のグラフ
大問9
大問14
大問5
場合の数
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は55.4点でした。昨年度が68.0点でしたので、難しくなったと言えます。大問3の小問集合は、既約分数の和、直方体の表面積、ニュートン算、食塩水の入れ替えの4問でした。大問4は面積のグラフの読み取りがポイントとなります。大問5はおもりでつくれる重さについて調べる問題でした。難しめの一行問題を数多く取り組むことが対策の一つと言えます。記述の練習もしっかりとしていきましょう。


     理科
大問内容
大問1
ばねを用いた物体の運動
大問6
大問11
大問2
混合物の分離
大問7
大問12
大問3
酵母菌の観察
大問8
大問13
大問4
日本の気象
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
昨年度同様、各分野から1題ずつの4題構成です。記述が2問出題されています。文章や図表を活用するやや解きにくい問題も見受けられますが、典型的な問題でしっかりと得点できれば、合格ラインには到達可能です。教材を一冊に絞り、分野に偏りなく繰り返し学習することが合格の近道となりそうです。試験時間は理社あわせて60分なので、過去問演習を通して時間間隔を養うと良いでしょう。


     社会
大問内容
大問1
地理総合(東北地方)
大問6
大問11
大問2
歴史総合(世田谷区と歴史)
大問7
大問12
大問3
公民総合(日本の税制)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
「誤っている選択肢をすべて選べ」のような難レベルの出題があった昨年度の受験者平均点は40.5点(54%)でしたが、出題形式が標準的なものに戻った今年度の受験者平均点は49.1点(約65.5%)でした。3分野ごとに大問が1題ずつ、ほぼ均等配点ということは例年通りです。理社合わせて60分のため、社会が苦手な生徒は特に過去問演習などで時間配分に慣れておきましょう。公民分野の国会と内閣は必須で、毎年出題される短文論述問題は事前の対策が必要です。


▲ページTOPへ