洗足学園中学校

2月1日(第1回) 神奈川県川崎市高津区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 理社合わせて60分 75点
社会 理社合わせて60分 75点

     国語
大問内容
大問1
論説文(中村千秋『アフリカゾウから地球への伝言』)
大問6
大問11
大問2
物語文(河合二湖『金魚たちの放課後』)
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
受験者平均点は65.6点でした。小問数15問のうち記述問題が6問(100点目満点中45点分)あり、これらの得点率で合否が決まるといえるでしょう。大問1の問4は「ナイルの賜物」がどういうことなのかを文中より正確につかんで説明することが求められました。大問2の物語文は状況説明の前書きがない分、文章を読み進めながら注意深く内容把握をしていく必要がありました。真の記述力が求められる学校です。

     算数
大問内容
大問1
計算問題(2問)
大問6
大問11
大問2
小問集合(標準)
大問7
大問12
大問3
小問集合(応用)
大問8
大問13
大問4
食塩水の入れ替え
大問9
大問14
大問5
ダイヤグラム(2人の距離)
大問10
大問15
問題解析
受験者平均点は48.8点(昨年度60.0点)で難化しました。大問2の小問集合は、ろうそくが短くなる速さの問題、倍数算、消去算、歩数と歩幅の4問。大問3の小問集合は、植木算、相似と面積比、仕事算、速さと比の4問。大問5はグラフの頂点での出来事を読み取る力が必要です。中盤の大問2・3の一行問題がポイントになりますので、難度が高い一行問題の演習量が対策の一つと言えます。記述の練習も必須です。


     理科
大問内容
大問1
金属の膨張と収縮、熱量
大問6
大問11
大問2
わりばしの蒸し焼き
大問7
大問12
大問3
ナガミヒナゲシについて
大問8
大問13
大問4
横浜の気圧と天気
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
昨年度同様、各分野から1題ずつの4題構成です。記述が2問出題されています。文章や図表を活用するやや解きにくい問題も見受けられますが、典型的な問題でしっかりと得点できれば、合格ラインには到達可能です。教材を一冊に絞り、分野に偏りなく繰り返し学習することが合格の近道となりそうです。試験時間は理社あわせて60分なので、過去問題演習を通して時間配分を養うと良いでしょう。


     社会
大問内容
大問1
地理総合
大問6
大問11
大問2
歴史総合
大問7
大問12
大問3
日本国憲法・三権分立
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度は小問数が少し減りましたが、3分野から大問1題ずつの出題で各25点の均等配点という構成に変化はありませんでした。各大問に論述問題が1問あることも昨年度と同じです。論述問題はやや難度が高い内容ですが、全体的には標準レベルの知識やその理解力が問われています。試験時間が理社を合わせて60分ですが、焦ることなく取り組めるはずです。知識の正確な定着を常に意識して学習に取り組んでください。高得点勝負です。


▲ページTOPへ