女子学院中学校

2月2日 東京都千代田区
科目 試験時間 配点
国語 40分 100点
算数 40分 100点
理科 40分 100点
社会 40分 100点

     国語
大問内容
大問1
随筆文(田中淑恵『本の夢 小さな夢の本』)
大問6
大問11
大問2
論説文(清水眞砂子『幸福に驚く力』)
大問7
大問12
大問3
漢字の書き取り
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
3題構成だった入試問題が平成25年度以降2題構成となりました。今年度も2題構成です。大問1は随筆文、大問2は論説文です。前者は語彙レベルが高く筆致が淡々としている文章のため、読みづらく感じた受験生がいるかもしれません。大問1のポイントは比喩の具体化です(問2・7)。大問2は巨視的な読解力を試す設問が多く見受けられました。合格点を奪取するためには、特に論理的文章を徹底的に精読することが必要です。努力する受験生を裏切らない、そういう入試問題です。

     算数
大問内容
大問1
計算・約束記号・速さ・角度・周囲・面積
大問6
平均(出題ミス)
大問11
大問2
動ける範囲の面積
大問7
大問12
大問3
仕事算
大問8
大問13
大問4
水そうを傾ける
大問9
大問14
大問5
変形カレンダー
大問10
大問15
問題解析
問題中の空欄の数が24個と昨年並みのボリュームでした。1問あたり100秒のスピードで解かなければ全問解答は出来ない計算になります。さて、今年の本校の算数では大問6に出題ミスがありました。最後の問題であったことが不幸中の幸いです。本校に向けて十分に準備を整えてきた受験生は、この問題を捨てて見直しに取りかかったのではないでしょうか。しかしながら、出題ミスがあったことは大きな問題です。今後はこのようなことがないように期待したいと思います。


     理科
大問内容
大問1
火山・人工衛星と小惑星探査機
大問6
大問11
大問2
捕食者と被食者の個体数変化
大問7
大問12
大問3
ろうそくの燃焼・物質の性質と分類
大問8
大問13
大問4
電熱線と電流・発熱
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
40分で多くの問題を解かなければならない形式は例年通りです。今年度は大問1で時事問題が出題されました。全体としては平易な問題が多く、例年よりも高得点勝負だったと思われます。本校の理科は、大半が選択肢や用語を答える問題ですが、記述問題なども出題されます。テンポよく解き進めるためには、深い理解と広い知識が備わっている必要があります。日ごろから本質(原理や原則)を意識した質の高い学習をおこないましょう。


     社会
大問内容
大問1
地理・歴史総合
大問6
大問11
大問2
歴史(近世・近代)
大問7
大問12
大問3
地理・公民総合
大問8
大問13
大問4
公民(地方自治)
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
問題形式は例年通り。今年度のテーマは交通です。小問数は全65問と、多くの設問に対してのスピーディな解答能力が問われました。大問1は新潟県を題材に、主に地理分野から出題されました。大問2は主に近代史。政治・外交が中心の出題です。大問3は三陸鉄道をテーマにして、主に公民分野からの出題です。そして、大問4は夕張市を題材に地方の窮状への理解が問われました。必要とされるのは幅広い知識。最難関レベルの問題です。


▲ページTOPへ