品川女子学院中等部

2月1日(第1回) 東京都品川区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 理社合わせて60分 60点
社会 理社合わせて60分 60点

     国語
大問内容
大問1
漢字の書き取り
大問6
大問11
大問2
知識(慣用句・ことわざなど)
大問7
大問12
大問3
随筆文(前野ウルド浩太郎『バッタを倒しにアフリカへ』)
大問8
大問13
大問4
物語文(森谷明子『南風吹く』)
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度の本校の国語は受験者平均点57.4点、合格者平均点62.9点(100点満点)と、昨年度に引き続きやや難しい問題でした。記述問題数は昨年度と同じ6問です。大問1は中学入試では珍しい「旅行記」的な内容。ちょっとユーモアのある文章なのですいすい読めたことでしょう。大問4は「俳句甲子園」を目指す高校生たちの友情譚。登場人物の言動や心情にしっかり目を向けて問題を解かなければいけません。

     算数
大問内容
大問1
計算問題
大問6
バスの乗降人数
大問11
大問2
小問集合
大問7
大問12
大問3
小問集合
大問8
大問13
大問4
図形の規則性
大問9
大問14
大問5
立体図形(水の体積)
大問10
大問15
問題解析
受験者平均点は58.1点、合格者平均点は72.2点と、高得点勝負となりました。例年通り、前半は計算問題が2問と、小問集合がそれぞれ5問、4問という構成で、ここまでの11問の出来具合によって最終的な得点は大きく変わります。後半の大問も含めて、全体的な難易度は高くありませんので、各単元の基本的な問題を繰り返し学習して、確実に解答できる力をつけましょう。


     理科
大問内容
大問1
光・ジャガイモ
大問6
大問11
大問2
月の満ち欠け
大問7
大問12
大問3
原子・二酸化炭素
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は40.1点で、昨年度とほぼ同様の結果となりました(昨年度は39.6点)。大問2の月の満ち欠けに関する典型的な問題、大問3は原子および二酸化炭素に関する問題でした。ともに会話文を読み、誘導にしたがって答える形式です。対策としては、まず基本的な知識を身につけ、その後、過去問演習を通して表や問題文を読み取って解く問題演習を積み重ねると良いでしょう。


     社会
大問内容
大問1
地理総合
大問6
大問11
大問2
歴史総合
大問7
大問12
大問3
国際情勢
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問構成は各分野から1題ずつ、短文論述を数問含む小問もほぼ例年通りの出題数でした。出題内容は標準レベルで、地形図や歴史分野での地図問題が毎年出題されるなど傾向がはっきりしている部分もあります。短文論述も『四科のまとめ』レベルで充分に対応できます。用語の暗記だけでは通用しませんが、基本内容を確実に定着させ、過去問題などを活用して問題演習を行うことで対策ができます。身につけた知識を得点につなげる練習を積みましょう。


▲ページTOPへ