品川女子学院中等部

2月1日(第1回) 東京都品川区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 理社合わせて60分 60点
社会 理社合わせて60分 60点

     国語
大問内容
大問1
漢字の書き取り
大問6
大問11
大問2
慣用句・ことわざ・対義語・四字熟語
大問7
大問12
大問3
論説文(榎本博明『〈自分らしさ〉って何だろう?』)
大問8
大問13
大問4
物語文(額賀澪『ヒトリコ』)
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
論説文、物語文ともに昨年刊行されたばかりの作品です。大問4の『ヒトリコ』は市川中学校でも出題されました。記述問題が6問と多く、かつ2題とも文章量があるため一見手強そうに感じられます。しかし、受験者平均点69.7点、合格者平均点は75.8点と高く、さほど厳しい採点がおこなわれていないことが分かります。文中を拠り所にして「とにかく書く」という姿勢が必要でしょう。

     算数
大問内容
大問1
計算問題(2問)
大問6
規則性
大問11
大問2
小問集合(5問)
大問7
大問12
大問3
小問集合(4問)
大問8
大問13
大問4
速さのダイヤグラム
大問9
大問14
大問5
図形の平行移動
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は66.5点でした。昨年度が50.3点でしたので、随分と易しくなったと言えます。大問3は難易度の高い問題も含まれます。大問4・5・6は計算や考え方の過程を記述させる問題です。大問5の図形の平行移動は、作図をして相似を使い面積を求めるのがポイントです。標準的な問題集で演習を積み、苦手単元をなくすこと、計算力を強固なものにすることが対策になります。また、後半の記述の練習もしっかりとしていきましょう。


     理科
大問内容
大問1
気象(湿度)・人体(消化)
大問6
大問11
大問2
ばね
大問7
大問12
大問3
金属の性質
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は39.6点で、昨年度とほぼ同様の結果となりました(昨年度は40.2点)。大問2はばねの伸びの実験(誤差が生じる)に関する問題、大問3は金属のとけやすさ・トタンとブリキのさびやすさの違いについての出題がありました。大問2・3ともに問題文の誘導にしたがって答える形式です。対策としては、基本的な知識を身につけ、表や問題文から読み取りをする練習を積み重ねると良いでしょう。


     社会
大問内容
大問1
地理総合
大問6
大問11
大問2
歴史総合(日本における宗教の歴史)
大問7
大問12
大問3
国会・選挙
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年も各分野から大問1題ずつの出題構成でした。地理では地図やグラフ、表の読み取り、歴史では地図上で場所を問う問題が今年も出題されています。また、短文論述問題も4問出題されており、用語・語句の単なる暗記だけでは解答できないようになっています。2年連続で合格者平均点が下がり、今年は36.7点(61.2%)となりましたが、全体的には標準レベルの出題が多いのが特徴です。基本事項を確実に定着させ、傾向に沿った対策をおこないましょう。


▲ページTOPへ