実践女子学園中学校

2月1日(第1回) 東京都渋谷区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 理社合わせて50分 50点
社会 理社合わせて50分 50点

     国語
大問内容
大問1
物語文(梨木香歩『西の魔女が死んだ 梨木果歩 作品集』「冬の午後」)
大問6
大問11
大問2
漢字
大問7
大問12
大問3
知識
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
読解問題2題と漢字知識1題という問題構成から、今年度は、読解問題が1題減り漢字と知識問題がそれぞれ大問に分かれるという形式に変わりました。読解問題1題分が減った分、時間的にかなり余裕を持って取り組めたはずです。この傾向が今後も続くのかは分かりませんが、本校の入試説明会等での情報に注意していく必要がありそうです。文章量が比較的多いのが本校の特徴ですので、普段からある程度の長い文章を精読する訓練をしていきましょう。

     算数
大問内容
大問1
計算問題(5問)
大問6
大問11
大問2
小問集合(5問)
大問7
大問12
大問3
和と差の文章題
大問8
大問13
大問4
水量変化とグラフ
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
昨年度の大問5題から1題減って大問4題構成でした。大問1は計算が5問、大問2は数の性質、つるかめ算、仕事算、食塩水、円とおうぎ形です。基本~標準レベルの問題で構成されていますが、中には解きづらい問題も含まれます。また、問題数が少なく1問の配点が大きいのでミスは禁物です。日頃から計算問題演習と一行問題をしっかりとおこない、基本解法をしっかりと身につけておきましょう。


     理科
大問内容
大問1
磁石と電磁石
大問6
大問11
大問2
溶解度・再結晶法(ろ過の操作)
大問7
大問12
大問3
植物の種子や根のつくり
大問8
大問13
大問4
流水と地形
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は29.0点(58.0%)でした。4分野から1題ずつ出題されています。今年度は記述問題が2問のみ(ろ過操作の誤りを指摘する・種子がどのように運ばれてきたのかを考える)に留まり、作図問題は出題されませんでした。近年、記述問題と作図問題のウエイトが減っており、平易な問題が増えてきています。各単元の基本問題を確実におさえた上で、計算問題や記述・作図問題の対策をおこないましょう。


     社会
大問内容
大問1
日本の河川・海・湖
大問6
大問11
大問2
武士の歴史
大問7
大問12
大問3
小問集合(公民分野)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
これまでは歴史分野に比重が置かれていましたが、今年度は各分野から大問1題ずつの出題になっています。求められるのは基本内容の定着度ですが、地図や写真、史料などを使った出題が多いので事前に対策を行なっておきましょう。理社2科目合わせて試験時間が50分です。分量が多いということはありませんが、過去問題学習などを通して速く正確に解く練習を行なう必要があります。


▲ページTOPへ