実践女子学園中学校

2月1日(第1回) 東京都渋谷区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 理社合わせて50分 50点
社会 理社合わせて50分 50点

     国語
大問内容
大問1
随筆文(星野道夫『アラスカ 風のような物語』)
大問6
大問11
大問2
説明文(美馬のゆり『理系女子的生き方のススメ』)
大問7
大問12
大問3
漢字・知識
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
ここ数年読解問題は物語文と随筆文という構成でしたが、今年度は物語文が説明文に代わり、自分の経験を述べる自由記述が出題されるなど問題構成に若干の変化が見られました。大問1はエスキモーのクジラ漁に同行した筆者の随筆文、大問2は学ぶ楽しさについての説明文で、いずれも読みやすい内容のものでした。大問3は基礎的な内容でした。読解は解答根拠を文中からきちんと探して答える、知識は繰り返し学習するなど国語の基本的な学習姿勢が試される問題でした。

     算数
大問内容
大問1
計算問題(5問)
大問6
大問11
大問2
小問集合(5問)
大問7
大問12
大問3
和と差・推理
大問8
大問13
大問4
平面図形
大問9
大問14
大問5
直線上の点の移動
大問10
大問15
問題解析
合格者平均は57点で、昨年度(51点)よりも易化しました。昨年度からの変更は、大問1が4→5問に、大問2が6→5問になったと同時に、大問2の難度が下がったという点です(本校の説明会でもアナウンスがありました)。この傾向が来年度以降も続くようであれば、大問1と2をパーフェクトで切り抜けたいところです。日ごろから計算と一行問題にしっかり取り組み、基礎力をしっかりと身につけておきましょう。


     理科
大問内容
大問1
ふりこ・物体の運動
大問6
大問11
大問2
空気の対流
大問7
大問12
大問3
インゲンマメの種子の発芽
大問8
大問13
大問4
太陽の動き
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
全部で4題構成で、4分野から各1題出題されています。合格者平均点は27.0点でした。大問3のインゲンマメの種子の発芽など、オーソドックスなテーマが出題されています。各分野の基本知識をおさえ、問題の4分の1程度を占める記述・作図問題対策を行うことが、合格点を取るためには欠かせません。日頃からなぜそうなるのかなど考える習慣をつけ、過去問演習で形式に慣れておくと良いでしょう。


     社会
大問内容
大問1
地理総合(日本の自然災害)
大問6
大問11
大問2
歴史総合(箸から見る歴史)
大問7
大問12
大問3
歴史総合(資料問題)
大問8
大問13
大問4
国会・選挙
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
地理1題・歴史2題・公民1題の構成は昨年度同様です。地理では表やグラフの読み取りが必須です。同じく、地理では毎年写真や絵の読み取り、歴史では絵や図版、写真が必ず出題されているので事前に対策をしておきましょう。今年度は西郷隆盛、ヒトラーを答えさせる問題がありました。公民は基本的な語句を答えさせる出題が続いています。全体的に歴史・公民で確実に得点を取りたい構成です。基本問題を反復して定着に力を注ぎましょう。


▲ページTOPへ