香蘭女学校中等科

2月1日 東京都品川区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 30分 50点
社会 30分 50点

     国語
大問内容
大問1
物語文(小川洋子『偶然の祝福』)
大問6
大問11
大問2
随筆文(長田弘『記憶のつくり方』)
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問1の物語文は中学入試の定番作品でしたので、読んだことのある人が多かったでしょう。最近は「喪失感」を抱く主人公の物語を好んで出題した香蘭ですが、今年度は少女時代の温かな記憶を描いた作品でした。問9の記述に手間取った人がいるかもしれませんが、大変に丁寧な設問ですので、問われていることをひとつひとつ確認して記述することが大切です。大問2は短めの随筆文。哲学的な内容で読みづらい類の文章です。文中から解答の根拠を丹念に見出す作業が必要です。

     算数
大問内容
大問1
計算問題(4問)小問集合(10問)
大問6
大問11
大問2
小町算と場合の数
大問7
大問12
大問3
台形の性質と面積3等分
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問1は計算問題が4問、残りの10問が一行問題です。ここまでで14問。大問2と大問3が4問ずつの合計22問構成です。この形式は例年通りです。ここ数年難化していましたが、今年は解きやすい問題が多くありました。食塩水の問題は毎年出題されています。また、立体図形もよく出題されます。かたよりなくさまざまな単元から出題されますが、前述の単元は特に力を入れて練習を積みましょう。そして、苦手単元をつくらないよう、標準的な問題集を繰り返し演習させましょう。


     理科
大問内容
大問1
小問集合
大問6
大問11
大問2
夏の星座と黄道12星座
大問7
大問12
大問3
サクラマスとヤマメ
大問8
大問13
大問4
ばねのはたらき
大問9
大問14
大問5
たまごの性質
大問10
大問15
問題解析
小問数は26問とほぼ例年通り。大問1の小問集合は7問に減りました。それでも全体の4分の1以上を大問1が占めますので、基礎知識は正確に身につけておきましょう。また、今年はニワトリのたまごについての問題など、身の回りの物事について問う問題も見られました。本校を目指す受験生は、計算問題・知識問題にかかわらず、基礎・基本を徹底するとともに、用語の説明を自分の言葉で表現できるようにトレーニングしましょう。また、身の回りの科学にも目を向けましょう。


     社会
大問内容
大問1
地理総合(日本橋周辺の歴史)
大問6
大問11
大問2
歴史総合(社会・文化史)
大問7
大問12
大問3
日本国憲法
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度も各分野から大問1題ずつの出題で、出題順も変更ありません。論述問題は例年通りに公民分野から出題され、制限字数は60字程度、他の2問の短文論述と合わせても昨年度より分量が減っています。時事問題は頻出で、今年度は東京オリンピック、築地市場の豊洲への移転、2016年の伊勢志摩サミットに関する問題でした。細かな知識を問う出題もありますが、地図や表・グラフの読み取り、時事問題、記述問題など傾向に沿った対策を優先させましょう。


▲ページTOPへ