学習院女子中等科

2月1日(A日程) 東京都新宿区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 30分 60点
社会 30分 60点

     国語
大問内容
大問1
物語文(重松清『一人っ子同盟』)
大問6
大問11
大問2
漢字の読み書き
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
物語文1題と漢字の読み書き20問という例年通りの問題構成でした。読解は、中学受験の国語では頻出作家となっている重松清の文章で、複雑な家庭環境の中で育つ小学生たちの心の交流が描かれています。本校の読解問題はほぼ全てが記述問題となっており、各設問の配点は5~6点と予想されますので、必要とされる要素をいかに上手く盛り込んで多くの得点を稼ぐかがポイントです。十分な記述力が必要とされる学校です。

     算数
大問内容
大問1
計算問題(2問)
大問6
積み木の投影図
大問11
大問2
割合と比
大問7
大問12
大問3
速さ
大問8
大問13
大問4
正方形と四分円(牛が動く範囲)
大問9
大問14
大問5
条件整理(選挙の開票)
大問10
大問15
問題解析
受験者平均点は61.9点で、昨年度(47.3)より大幅に上がりました。大問4の牛が動ける範囲の問題では作図が出題されています。大問6の積み木の投影図の問題では、積み木の個数を慎重に粘り強く調べ上げる必要があります。いずれの問題も途中の計算や式をかかせる形式です。日頃の学習から、解法をコンパクトにまとめる意識を持ち演習をしていきましょう。また、調べながら解き進める問題についても練習しておきましょう。


     理科
大問内容
大問1
生物と環境
大問6
大問11
大問2
水の温度と密度
大問7
大問12
大問3
中和反応
大問8
大問13
大問4
電流と磁界・電磁石
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
受験者平均点(得点率)は28.4点(47.3%)で、一昨年度(48.5%)並みの難度となりました。問題用紙に解答を書き込む形式は例年通りです。記述問題のウエイトが非常に高いのが特徴で、単純知識から実験結果に関するものまで幅広く問われています。また、計算問題では途中過程を書かせるものも出題されます。各単元の知識の確実な理解はもちろんのこと、実験結果などから何が分かるかを考え、それを伝える練習を心掛けましょう。


     社会
大問内容
大問1
歴史総合
大問6
大問11
大問2
地理総合
大問7
大問12
大問3
ふるさと納税
大問8
大問13
大問4
島・海岸線
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
例年通り大問4題構成、用語記述と選択式の問題が中心です。短文論述も5問前後出題されますが、いずれも難度はそれほど高くありません。昨年度に引き続き、受験生自らの意見を問う出題がありました。年度によって難度に差が見られますが、7割前後の得点を目標と考えれば標準レベルの問題を確実に正答することに集中しましょう。時事問題の要素を含む出題が頻出なので、事前の対策は必須です。


▲ページTOPへ