学習院女子中等科

2月1日(A日程) 東京都新宿区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 30分 60点
社会 30分 60点

     国語
大問内容
大問1
物語文(瀬尾まいこ『狐フェスティバル』)
大問6
大問11
大問2
漢字の読み書き
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
受験者の平均点は61.8点(昨年度は57.7点)で、問題構成は例年通りでした。大問1は田舎に住む主人公と、その村に転校してきた女の子が、考え方の違いを乗り越えて村の伝統行事を成功させるという物語文です。設問のほぼ全てが記述式なので、わかる問題からどんどん書いていく必要があります。大問2の漢字は確実に得点したいところです。学習院女子合格のカギは何といっても記述です。普段から書く訓練を地道に積むことが必要です。

     算数
大問内容
大問1
計算問題(2問)
大問6
仕事算と日数とカレンダー
大問11
大問2
売買損益
大問7
大問12
大問3
三角形の面積比
大問8
大問13
大問4
タクシーの料金
大問9
大問14
大問5
三角形の回転移動
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は64.1点でした。昨年度より若干上昇しました。大問4のタクシーの走行距離と料金の問題や大問6の仕事算とカレンダーの融合問題では丁寧に調べながら解き進める必要があります。大問5三角形の回転移動では、作図の出題もありました。いずれの問題も途中の計算や式をかかせる形式です。日頃の学習から、解法をコンパクトにまとめる意識を持ち演習をしていきましょう。また、調べながら解き進める問題も多く経験を積みましょう。


     理科
大問内容
大問1
熱の移動と水温変化
大問6
大問11
大問2
上皿てんびんの操作
大問7
大問12
大問3
種類の異なるさまざまな砂について
大問8
大問13
大問4
ダイズとトウモロコシの成長
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
受験者平均点(得点率)は29.1点(48.5%)でした。本校は問題用紙に解答を書き込む形式です。記述問題のウエイトが非常に高いのが特徴で、内容は実験操作や実験結果に関するものまで幅広く問われました。また、計算問題では途中過程を書かせるものも出題されます。各単元の知識の確実な理解はもちろんのこと、実験結果などから何がわかるかを考え、それを伝える練習を心掛けましょう。


     社会
大問内容
大問1
公民(国会・選挙)
大問6
大問11
大問2
地理(都道府県の特徴)
大問7
大問12
大問3
地理(鹿児島県)
大問8
大問13
大問4
歴史(総合)
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問1は国会と選挙の問題。多くの学校で頻出の選挙権の年齢引き下げに関する問題もふくまれていました。大問2は都道府県の特徴を問う記号選択問題。選択問題とはいえ、やや難易度の高い問題です。大問3は鹿児島県の地理の問題。種子島・屋久島の特徴が問われました。そして大問4は農民をテーマにした歴史の総合問題。一揆やTPPについても触れられていました。本校に必要なのは知識の説明能力。深い知識を身につけましょう。


▲ページTOPへ