鴎友学園中学校

2月1日(第1回) 東京都世田谷区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 50分 100点
社会 50分 100点

     国語
大問内容
大問1
物語文(クロディーヌ・ル・グイッグ=プリエト『テオの「ありがとう」ノート』)
大問6
大問11
大問2
論説文(窪島誠一郎『絵をみるヒント』)
大問7
大問12
大問3
漢字の書き取り
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
例年通りの出題構成で、読解問題はすべて記述式です。物語文は「障害者」が主人公の文章でした。主人公の発言や行動の意図などが問われています。論説文は本文の具体例をもとにして筆者の主張を答えるものと、文章全体の要旨をまとめるといったものです。物語文では心情、論説文では要点や要旨をまとめる力が求められています。過去問題に取り組み、細部に至る説明ができるよう、記述対策を重ねていきましょう。

     算数
大問内容
大問1
売買損益
大問6
円柱を組み合わせた容器と水量
大問11
大問2
時計の時刻合わせ
大問7
方眼上の点の移動と場合の数
大問12
大問3
複合図形の面積
大問8
表とグラフ
大問13
大問4
日暦
大問9
大問14
大問5
平行四辺形の線分比・面積比
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点が昨年度よりも10点近く上がり、一昨年の難易度に戻りました。問題用紙に直接解答を書かせる形式となっています。加点方式なので、日頃から途中の式・計算をしっかり書く習慣をつけましょう。平面図形(面積比)とグラフを使った問題、割合と比の文章題は頻出です。過去問演習を通して、問題を解くために必要な考え方を養っていきましょう。その際、時間配分と問題の取捨選択を意識して取り組むとよいでしょう。


     理科
大問内容
大問1
地質図の読み取り
大問6
大問11
大問2
物体の等加速度運動
大問7
大問12
大問3
水溶液の性質
大問8
大問13
大問4
光合成量・呼吸量・転流量の測定実験
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は54.9点です。全小問(今年度は38問)のうち約半数が記述・作図・計算問題です。試験時間は50分とやや長めですが、ボリュームのある内容なので手際良く解く必要があります。今年度は大問1に苦戦をし、最後まで解き終わらなかった受験生もいたと予想されます。本校の対策として最も有効なのは過去問題演習です。他校にはあまり見られない出題傾向に慣れるとともに、記述問題や計算問題は添削などを通じて自分で正解を作成する訓練を積み重ねましょう。


     社会
大問内容
大問1
静岡県
大問6
大問11
大問2
出版の歴史
大問7
大問12
大問3
参院選
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度の小問数は33問で、うち8問が論述問題です。大問1は静岡県をテーマにした地理の総合問題です。例年通り地形図の読み取り問題も出題されています。大問2は出版をテーマにした歴史の問題です。その場で考えさせるような論述問題もありましたが、難易度はそれほど高くありませんでした。最後に大問3は参院選をテーマにした現代社会の問題です。もっとも解答欄の大きな論述問題は参議院の選挙区の定数の変化に関する問題でした。過去問題学習がとても重要となる学校です。


▲ページTOPへ