鴎友学園中学校

2月1日(第1回) 東京都世田谷区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 50分 100点
社会 50分 100点

     国語
大問内容
大問1
物語文(夏川草介『本を守ろうとする猫の話』)
大問6
大問11
大問2
随筆文(玄侑宗久『ないがままで生きる』)
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度は物語文と随筆文と言う構成でした。読解問題はすべて記述式です。物語文は9ページにも及ぶ長文です。読書に対する価値観の異なる人物同士の意見のぶつかり合いが描かれています。心情把握のみならず、象徴的表現の説明をするという難問も見られます。随筆文は「わかるとはどういうことか」というテーマの文章です。過去問題に取り組み、全体の要約から細部に至る説明ができるよう、記述対策を重ねていきましょう。

     算数
大問内容
大問1
計算問題
大問6
平面図形
大問11
大問2
売買損益
大問7
仕事算
大問12
大問3
規則性
大問8
速さ
大問13
大問4
立体図形
大問9
大問14
大問5
約束記号
大問10
大問15
問題解析
大問1で例年出題されない計算問題が出題されるなど、前半の大問は比較的易しい構成となっていました。一方、後半の大問は問題を解くための手がかりをつかむのが難しい設問が多く、結果として受験者平均点は47.9点、合格者平均点は56.7点とほぼ昨年並みになりました。本校頻出の平面図形の比の問題、グラフの問題は難易度が高い傾向にあるため、重点的にトレーニングを積む必要があります。


     理科
大問内容
大問1
動物の誕生のしかた
大問6
大問11
大問2
熱の移動
大問7
大問12
大問3
プラスチックについて
大問8
大問13
大問4
地震
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は67.9点で、昨年度(54.9点)よりも易化しました。受験生にとって解きやすいテーマが多く、昨年度より記述・作図・計算問題が減少したことが理由と考えられます。試験時間は50分とやや長めですが、ボリュームのある内容なので手際良く解く必要があります。本校の対策として有効なのは過去問題演習です。他校にはあまり見られない出題傾向に慣れるとともに、記述問題や計算問題は添削などを通じて自分で正解を作成する訓練を積み重ねましょう。


     社会
大問内容
大問1
ふるさと納税
大問6
大問11
大問2
日本仏教史
大問7
大問12
大問3
三権分立
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
小問が31問、うち論述問題は短文論述も含め全10問です。全体的にはリード文をはじめ地形図や世界地図、さまざまなグラフや写真、資料など盛り沢山の内容です。試験時間が50分あるので時間に追われることにはなりませんが、これだけの分量を集中して解き切る力も必要とされます。論述問題は自らよく考えて解答するものが多く、事柄や出来事の本質的な理解力が問われます。過去問題学習を通じて、求められるレベルを早めに知りましょう。


▲ページTOPへ