麻布中学校

2月1日 東京都港区
科目 試験時間 配点
国語 60分 60点
算数 60分 60点
理科 50分 40点
社会 50分 40点

     国語
大問内容
大問1
物語文 (深野野分『緑の子どもたち』)
大問6
大問11
大問2
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
例年通り、物語文の読解問題を解き進めていくとその文章の全体像が徐々に理解できる構成になっています。昨年度はシカが主人公でしたが、今年度はなんと地球外の世界が舞台の物語文でした。設問は心情の読み取り中心であり、こちらも例年通りです。強いて挙げると、今年度は場面や状況説明を記述させるものが目立ちました。問11は暗示されているものを考えて記述するものであり、大きな差がついたものと思われます。

     算数
大問内容
大問1
倍数算
大問6
約束記号・規則性
大問11
大問2
つるかめ算
大問7
大問12
大問3
場合の数
大問8
大問13
大問4
和や積の組み合わせ
大問9
大問14
大問5
点の移動(クモが虫を捕食できる範囲)
大問10
大問15
問題解析
一昨年、昨年は取り組みやすい問題が多かったのですが、今年は一筋縄でいかない問題が多く出題されました。大問5の作図問題は条件にあわせて試行錯誤して導き出します。大問6は条件にあわせ書き出して調べ規則を見つけさせる問題が出題されました。日頃から、書き出して根気よく調べる問題を多く演習しましょう。また記述の訓練はもちろん、誘導にのって解き進めるスタイルの問題を多く経験することも、麻布合格への突破口です。


     理科
大問内容
大問1
ヤンバルクイナ
大問6
大問11
大問2
セッケンの性質(疎水基と親水基)
大問7
大問12
大問3
降水・治水・タイタンと探査機カッシーニ
大問8
大問13
大問4
断熱変化を利用した機器について
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
例年通り初見のテーマ(高校課程の内容)が中心ですが、リード文や図表中に問題を解くカギが散りばめられています。大問3には時事的話題である「探査機カッシーニ」についての出題も見られました。どの設問も知的好奇心が旺盛な受験生が嬉々として取り組めるような内容です。本校の理科は単なる知識を問うのではなく、説明文や図表から考察していく問題が中心です。日ごろから科学的事象に目を向け、その原理や問題点を納得いくまで考え抜く習慣をつけましょう。


     社会
大問内容
大問1
総合問題
大問6
大問11
大問2
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
あるテーマに関する長めのリード文を読ませ、複数の論述問題を中心にした例年通りの出題構成です。この3年間は隔年現象で小問数の増減があり、昨年度は9問だった小問は19問に増加しました。高松塚古墳や菅原道真など、基本レベルの出題も見られます。論述問題は、社会的な関心を問うものと設問にある資料や図などを参照して答えさせるものに大別できます。世の中の動向に目を向けつつ、過去問題学習を通じて「論述する」対策が欠かせません。


▲ページTOPへ