麻布中学校

2月1日 東京都港区
科目 試験時間 配点
国語 60分 60点
算数 60分 60点
理科 50分 40点
社会 50分 40点

     国語
大問内容
大問1
吉野万理子『ロバのサイン会』
大問6
大問11
大問2
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
例年通り、物語文の読解問題を解き進めていくとその文章の全体像が徐々に理解できる構成になっています。計10問の記述問題が出題されています。今年度の物語文の登場人物、いや、登場動物はなんとシカ! 森に住んでいた野生のシカたちが人里に出て、そして奈良公園にまでたどり着くという話です。シカのサンカクは最終的に森へと戻っていきますが、野生のシカであるというプライドの象徴が「角」であることを読み取りたいものです。

     算数
大問内容
大問1
計算問題(1問)
大問6
約束記号
大問11
大問2
時計算
大問7
大問12
大問3
面積比(比の商)
大問8
大問13
大問4
速さと比
大問9
大問14
大問5
砂糖水の濃さ(整数問題)
大問10
大問15
問題解析
今年度も昨年同様に比較的取り組みやすい問題が多く高得点勝負になったことでしょう。条件にあわせ幾通りも書き出して調べることから法則を見つけさせる問題が大問5と6で出題されました。日ごろから、書き出して根気よく調べる問題を多く演習しましょう。また記述の訓練もさることながら、誘導にのって解き進めるスタイルの問題に数多く経験することも、麻布合格への突破口でしょう。


     理科
大問内容
大問1
ニホニウム合成の原理について
大問6
大問11
大問2
光の種類と発芽(光発芽種子)
大問7
大問12
大問3
慣性の法則
大問8
大問13
大問4
地球の歴史と生物の進化
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度も初見のテーマ(高校課程の内容)が中心ですが、リード文や図表中に問題を解くカギが散りばめられています。大問1には時事的話題の「ニホニウム」についてが出題されました。大問3は誰もが経験したことがある「慣性の法則」を科学的に考えるという興味深い内容です。本校の理科は単なる知識を問うのではなく、説明文や図表から考察していく問題が中心です。日ごろから科学的事象に目を向け、その原理や問題点を納得いくまで考え抜く習慣をつけましょう。


     社会
大問内容
大問1
総合問題(日本の住宅・住宅地の変化)
大問6
大問11
大問2
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
昨年度は問15まであった設問数が今年度は問9までになっています。最後の大型論述問題の制限字数も減りました。出題形式自体に変化はなく、あるテーマに関する長いリード文を読ませて複数の論述問題に答えさせることを中心とした総合問題です。リード文だけではなく与えられた統計資料や地図、イラストや史料を正確に読み取る力が求められます。同時にそれらをまとめる思考力と文章力も必要です。また、一般常識や日常生活にかかわりのあること・ものに対する関心も欠かせません。


▲ページTOPへ