桜蔭中学校

42036 東京都文京区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 30分 60点
社会 30分 60点

     国語
大問内容
大問1
物語文(大久保雨咲『五月の庭で』)
大問6
大問11
大問2
論説文(押井守『ひとまず、信じない 情報氾濫時代の生き方』)
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
淡々とした筆致の文章を好む桜蔭ですが、今年度は一変しました。大問1の物語文は童話であり、ひらがなの占有量の多さに驚いた人が多かったはずです。そして、大問2は近年のメディアリテラシーに言及したもので、ツイッターやフェイクニュースといった用語が登場する具体性を持った文章です。一方、設問は難解なものばかりで、例年通り長い記述が求められています。なお、今年度は「200字記述」は出題されませんでした。

     算数
大問内容
大問1
計算・小問集合
大問6
大問11
大問2
平面図形
大問7
大問12
大問3
割合
大問8
大問13
大問4
立体図形
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問3の割合の問題は、同じノートを購入形態や割引率に違いがある3つの店で買う方法を考える問題でした。与えられた情報をどのように処理すべきか、解答の方針を立てる段階で戸惑った受験生も多かったのではないでしょうか。今年度は記述式の解答形式の設問が大問2と大問4の2題のみでしたが、普段から途中式を残して解法を丁寧にまとめることを意識して学習に臨みましょう。


     理科
大問内容
大問1
密度と金属・光の性質(反射)
大問6
大問11
大問2
物質の状態変化・気体の性質
大問7
大問12
大問3
地層と堆積物など(粒径と流速・地形)
大問8
大問13
大問4
植物のはたらきを調べる実験・顕微鏡の操作
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
化学・物理分野で難解な計算問題が出題されず、生物分野の実験考察問題も標準レベルだったことから、解きやすさを感じた受験生が多かったと思われます。大問3の粒径と流速に関するグラフは2008年度入試でも出題されました。本校には実験結果から考察していく問題が多く出題されます。日ごろから、与えられた条件や結果を論理的に考える習慣、本質を見抜く力をつける学習、時事的な話題に目を向けることを意識しましょう。


     社会
大問内容
大問1
社会における情報伝達
大問6
大問11
大問2
感染症の歴史
大問7
大問12
大問3
小問集合(公民分野)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度も大問3題構成、小問数が49問でうち論述問題が3問でした。解答欄が広い2問の論述問題は、設問文にあるヒントを手掛かりにすれば解答を書けるレベルです。例年通り、地理と歴史分野の比重が高い問題構成ですが、短答式で比較的解きやすい問題が多い公民分野は確実に得点したいところです。難度の高い一部の問題を除き、全体的には標準レベルの問題が並びます。基礎基本を徹底し、さまざまな問題形式で演習を積み重ねましょう。


▲ページTOPへ