早稲田中学校

2月1日(第1回) 東京都新宿区
科目 試験時間 配点
国語 50分 60点
算数 50分 60点
理科 30分 40点
社会 30分 40点

     国語
大問内容
大問1
物語文(草野たき『リリース』)
大問6
大問11
大問2
論説文(日高敏隆『世界を、こんなふうに見てごらん』)
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は40.2点(昨年度は37.0点)でした。記述問題の分量が例年並みの量に戻ったこと、文章内容が易しかったことなどからやや合格者の平均点は上昇しました。大問1は、家族や中学校の仲間とのふれあいを通じた主人公の成長物語です。問4の記述問題は設問内容の読み取りがポイントでした。大問2は、科学的態度と人間の生き方についての論説文です。本文と設問をきちんと読むという当たり前の学習姿勢が、合否のポイントとなったでしょう。

     算数
大問内容
大問1
小問集合(時間の単位計算・割合・通過算)
大問6
大問11
大問2
小問集合(図形)
大問7
大問12
大問3
ニュートン算
大問8
大問13
大問4
カードの並べ方
大問9
大問14
大問5
立体図形の切断と展開図
大問10
大問15
問題解析
受験者平均点は33.5点(56%)合格者平均点は42.1点(70%)でした。昨年度より合格平均点が上がっていて、例年並みの難しさといえるでしょう。大問3はニュートン算(典型的な問題)は確実に得点したいです。大問4・5の(2)(3)の成否が合否の分かれ目でしょう。毎年、図形の問題が多く出題されますので、角度、平面図形、立体図形の演習を多く積みましょう。また、総合力をつけるために標準よりやや難しめの問題集をていねいに1冊仕上げることが必要です。


     理科
大問内容
大問1
人体総合
大問6
大問11
大問2
地層
大問7
大問12
大問3
ふりこ
大問8
大問13
大問4
物質の推定問題
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点(得点率)は28.5点(71.3%)と高得点勝負となりました。字数制限のある記述が2問、グラフの作図が1問出題されています。受験生が一度は目にしたことのある問題が多かったため、解きやすく感じたかもしれません。基本的な問題でしっかりと得点を重ねた上で、思考力を必要とする問題でどれだけ正解できるかが成否を分けます。各分野の基本事項を身につけた上で、読解力・思考力を高めていきましょう。


     社会
大問内容
大問1
地理総合(世界遺産)
大問6
大問11
大問2
歴史総合(戦後70年)
大問7
大問12
大問3
日本国憲法
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
昨年度の大問2題構成から、二年前までの各分野で大問1題ずつの大問3題形式に戻り、世界地理も復活しました。五日市憲法や、世界遺産登録を申請中だった「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」に関する出題のように豊富な知識量とその正確性が求められる難度の高い問題、設問からのヒントを読み取って考えさせる問題が今年度も並んでいます。通常の学習内容に加えてその周辺知識も併せて覚え、さらに様々なタイプの問題演習を通して貪欲に知識を増やしましょう。


▲ページTOPへ