武蔵中学校

2月1日 東京都練馬区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 40分 60点
社会 40分 60点

     国語
大問内容
大問1
物語文(井上ひさし『あくる朝の蝉』)
大問6
大問11
大問2
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度の物語文を一読して「読んだことがある」と思った受験生が多かったでしょう。平成22年度の早稲田、平成23年度の麻布でもほぼ同範囲が出題されていたからです。また、麻布と似通った設問が幾つかあります(特に麻布での問13と武蔵の問5、麻布の問8と武蔵の問4)。読みやすい物語文ではありますが、武蔵の担当教員によると「こちらが考えたほど全体的に得点できていなかった」とのこと。比喩や暗示がテーマの問1・2・5で差がついたように思われます。

     算数
大問内容
大問1
公約数と公倍数・相似な図形
大問6
大問11
大問2
食塩水のやりとり
大問7
大問12
大問3
速さ
大問8
大問13
大問4
調べ上げの問題
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
受験者平均点は48.6点、合格者平均点は68.1点でした。大問4はゲームを模した問題でした。特別な知識を必要としない問題ですので、ルールが理解できれば3年生・4年生でもチャレンジできます。ぜひ一回挑戦してみてください。本校を目指す受験生は、日ごろから1問1問に対して粘り強く取り組み、納得できるまであきらめない姿勢が重要です。小手先のテクニックに頼らず、頭を使ってじっくり取り組む、負けず嫌いな算数大好きっ子を目指しましょう。


     理科
大問内容
大問1
クレーンのつり合い
大問6
大問11
大問2
クモの巣の作り方
大問7
大問12
大問3
星座早見の利用と観察
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
受験者平均点は34.3点(57.2%)、合格者平均点は39.1点(65.2%)。本校定番のお土産問題は「星座早見」でした。紙に印刷された星座盤とフィルムに印刷された地平盤を組み合わせて使用し、質問に答えていく形式でしたが、珍しい出題形式でしたので面食らった受験生も多かったかと思います。しかしながら、形式は違えど、求められている事柄は例年通りです。身近なものに目を向けて、疑問に思うことはそのままにせず、本質をつかむまで追究するという勉強を進めていきましょう。


     社会
大問内容
大問1
公民(総合)
大問6
大問11
大問2
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度のテーマは憲法と民主主義。明治期の思想家植木枝盛の憲法案(東洋大日本国国憲按)や、昨今の投票率の低下問題が取り上げられました。知識を答えさせる問題は4問、論述問題は8問の出題です。資料・表・グラフの読み取りとともに、投票率の低下という現今の課題に対する受験生なりの答えを求めてくるあたりは、本校ならではの出題です。自分の考えを端的にまとめる要約力も問われている良問でした。


▲ページTOPへ