武蔵中学校

2月1日 東京都練馬区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 40分 60点
社会 40分 60点

     国語
大問内容
大問1
説明文(石黒浩 出典不明)
大問6
大問11
大問2
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
物語文出題の多い武蔵ですが、今年度は3年ぶりに説明文の読解問題が出題されました。マツコロイド開発などで知られる気鋭のロボット工学者・石黒浩の文章が題材になっています。筆者はロボットの考察を通じて人間とは何かを追究していて、興味深く読めた受験生が多かったのではないでしょうか。記述問題もオーソドックスなものばかりで、設問の条件をしっかり読み込み、構成に気をつけながら丁寧に書いていけば合格点に到達できるでしょう。

     算数
大問内容
大問1
小問(食塩水・面積比)
大問6
大問11
大問2
通過算
大問7
大問12
大問3
和と差に関する問題
大問8
大問13
大問4
規則性
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
平均点は合格者68.1点・受験者46.3点でした。昨年度よりも易化しましたが、平均点の差を見ると例年以上に算数の出来が合否を分けたと思われます(国社での出題ミスの影響もあるでしょう)。大問4の後半は歯ごたえのある問題でした。本校を目指す受験生は、日ごろから1問1問に対して粘り強く取り組み、問題をよく読み理解し、納得できるまで諦めない姿勢が重要です。小手先のテクニックに頼らず、頭を使ってじっくり取り組む算数大好きっ子を目指しましょう。


     理科
大問内容
大問1
水溶液の性質
大問6
大問11
大問2
空気でっぽう
大問7
大問12
大問3
身近な動植物
大問8
大問13
大問4
チャックのしくみ
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は36.5点(60.8%)です。本校定番のお土産問題は「透明なチャック(チャック付ポリ袋のチャック部分)」を虫眼鏡で観察し、気付いたことを記述するという内容でした。今年はグラフを描かせる問題はなく、一昨年までの出題傾向に戻りました。また、「すべて選びなさい」という問いが増えたことは特筆すべき点でしょう。身近なものに目を向けて、本質をつかむまで追究すると同時に、発見できた事象を他者に伝える表現力を磨き上げましょう。


     社会
大問内容
大問1
銅の歴史
大問6
大問11
大問2
大問7
大問12
大問3
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度は「銅」をテーマにしたリード文に沿って、江戸時代~現代の社会状況を問う問題が出題されました。合計7問の小問に取り組んでいきます(うち5問が字数制限のない自由記述形式の論述問題)。問7の、銅線を必要とする技術の具体例を挙げ、その技術の普及がもたらした社会・経済の変化を論じる問題は、身の回りの物事にどれだけ関心をもって接しているかが問われていました。過去問題を十分に研究することが求められる学校です。


▲ページTOPへ