法政大学第二中学校

男女 2月1日(第1回) 神奈川県川崎市中原区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 40分 75点
社会 40分 75点

     国語
大問内容
大問1
漢字の書き取り・知識
大問6
大問11
大問2
論説文(加藤由子『ゾウの鼻はなぜ長い』)
大問7
大問12
大問3
物語文(朝井リョウ『星やどりの声』)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
男女共学化に伴い、問題の変化が予想されましたが、昨年度と変わりありませんでした。記述問題は大問2の論説文に1問あるだけです(80字)。選択問題は論説文では4択、物語文では5択です。抜き出し問題はほとんどが「はじめと終わりの五字」を答える形式です。合格者平均点は男子が59.1点、女子はが66.3点です。女子の方がより高い得点力が求められています。出題傾向がはっきりとしているので対策は立てやすいでしょう。

     算数
大問内容
大問1
計算問題(4問)
大問6
立体図形(くりぬかれた立方体の表面積・切断)
大問11
大問2
一行問題(6問)
大問7
大問12
大問3
和と差(消去算)
大問8
大問13
大問4
速さ(流水算)
大問9
大問14
大問5
平面図形(折り返しの図形)
大問10
大問15
問題解析
大問5は同じ角度に同じ印をつけて相似形を発見できたかどうかが成否を分けます。大問6の(2)で問われた立体の切断は、受験生には難しい問題だったと思われます。例年、大問1と大問2で約50点分あると予想されます。後半の問題は難度が高いため、前半の問題でのミスは避けたいところです。日ごろから計算練習を怠らないようにしましょう。また、毎年出題されている立体図形の対策を積極的に行うことが大切です。


     理科
大問内容
大問1
動物の器官・スズメバチ
大問6
天体
大問11
大問2
気象(百葉箱・夏の気象)
大問7
大問12
大問3
磁石
大問8
大問13
大問4
砂と塩の分離法(揚げ浜式塩田)
大問9
大問14
大問5
空気と水
大問10
大問15
問題解析
大問数は全部で6題です。大問6は毎年出題される時事問題でした。大問4で揚げ浜式塩田を題材にした問題が出題されました。本校の問題は基本的な知識事項を問う問題が多いのですが、今年度は一部細かい知識を問う問題がありました(特に時事問題)。対策として、各分野の典型問題を解いて基本知識を習得することと、時事的な話題はニュースや新聞で確認して用語・数字を中心にしっかりと整理しておくと良いでしょう。


     社会
大問内容
大問1
地理総合(地域の特産物)
大問6
大問11
大問2
歴史総合(川崎市の歴史)
大問7
大問12
大問3
憲法9条・自衛隊
大問8
大問13
大問4
地方自治
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
共学化初年度の入試問題は、とくにこれまでの形式から大きく変化することはありませんでした。今年度の合格者平均点は50.6点(67.5%)と高得点です。問題構成は、地理と歴史は大問が各1題、公民分野が1~2題で、短文論述が1問、地理の統計数値の読み取りと雨温図、公民分野での憲法が例年通りに出題されました。出題内容としては、時代縦断型の出題が定番になっている歴史分野がもっとも平易です。憲法は、重要な条文を確実に定着させましょう。


▲ページTOPへ