法政大学第二中学校

男女 2月1日(第1回) 神奈川県川崎市中原区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 40分 75点
社会 40分 75点

     国語
大問内容
大問1
漢字の書き取り・知識
大問6
大問11
大問2
論説文(清水真砂子『大人になるっておもしろい?』)
大問7
大問12
大問3
物語文(草野たき『反撃』)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
例年通りの出題構成でした。記述問題は大問2の論説文に1問あるだけです(60字)。文章の要旨を記述する練習は必須です。他は選択問題中心で、傍線部前後の文脈から判断できる問題ばかりです。抜き出し問題は、傍線部分の言い換えを探すものが出ています。こちらはやや難しく感じるかもしれません。男女ともに高得点が求められます。出題傾向がはっきりとしているので対策は立てやすいでしょう。

     算数
大問内容
大問1
計算問題
大問6
立体図形
大問11
大問2
小問集合
大問7
大問12
大問3
数列
大問8
大問13
大問4
食塩水
大問9
大問14
大問5
図形の移動
大問10
大問15
問題解析
例年通り大問6題構成でしたが、大問5・6がやや難しかったこともあり、合格者平均点は男子67.3点、女子65.8点と昨年度よりも10点ほど下がりました。全体としては基本的~標準的な問題が中心ですので、各単元の典型問題を繰り返し学習して解法を頭に入れることが第一です。例年、小問20問のうちの10問が大問1と大問2で出題されますので、取りこぼしなく得点をしていくことが重要になります。


     理科
大問内容
大問1
消化と吸収
大問6
2016年の科学ニュースについて
大問11
大問2
日かげ曲線と日時計
大問7
大問12
大問3
物質の性質・溶解度の計算
大問8
大問13
大問4
てこ
大問9
大問14
大問5
豆電球と回路
大問10
大問15
問題解析
大問数は全部で6題です。大問6は毎年出題される時事問題でした。大問4で揚げ浜式塩田を題材にした問題が出題されました。本校の問題は基本的な知識事項を問う問題が多いのですが、今年度は一部細かい知識を問う問題がありました(特に時事問題)。対策として、各分野の典型問題を解いて基本知識を習得することと、時事的な話題はニュースや新聞で確認して用語・数字を中心にしっかりと整理しておくと良いでしょう。


     社会
大問内容
大問1
日本の半島・岬
大問6
大問11
大問2
日中関係史
大問7
大問12
大問3
三権分立
大問8
大問13
大問4
核兵器禁止条約
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問が8題から4題構成に変更され、合格者の平均得点率が昨年度の約55%から約63%に上昇しました。論述問題2問を難しく感じた受験生も多かったと思いますが、普段から「なぜ」を意識して学習していれば答えられる内容です。全体を通して標準的な良問が揃っています。過去問題学習は必要ですが、日頃から知識を理解した上で正確な定着を心掛け、地図帳などを丹念に活用し、問題意識を持って学習に取り組む姿勢が求められます。


▲ページTOPへ