獨協中学校

2月1日(第1回) 東京都文京区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 40分 70点
社会 40分 70点

     国語
大問内容
大問1
漢字の読み書き
大問6
大問11
大問2
共通して入る単漢字
大問7
大問12
大問3
物語文(小川糸『あつあつを召し上がれ』)
大問8
大問13
大問4
論説文(斎藤成也『日本列島人の歴史』)
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
獨協の国語はあたかも模擬試験のようです。バラエティに富んだ分野、設問から成り立っている入試問題で、普段の実力がそのまま得点に反映される良問といってよいでしょう。換言すれば、受験生の基礎力が試される問題です。昨年4問出題された条件記述問題は3問になりました。大問1の問6・9はともに心情記述です。大問1・大問2ともに選択肢は5択ですので、文中から根拠を見出しつつ、冷静に正解を選び出すことが必要です。

     算数
大問内容
大問1
計算・小問集合
大問6
速さ(ダイヤグラム)
大問11
大問2
回転体
大問7
大問12
大問3
文章題(平均算)
大問8
大問13
大問4
場合の数(さいころ)
大問9
大問14
大問5
立体図形
大問10
大問15
問題解析
大問は例年通り6題構成です。大問6(2)で、グラフを作図する問題が出題されています。問題用紙に直接記入する形式となっており、途中の計算・式をしっかり残しておくと部分点もあります。少しひねられている問題もありますが、全体的には基本~標準レベルの問題です。対策としては、基本パターンを確立させるまで、過去問演習を中心にトレーニングを積むことが最適です。また、書き出しのトレーニングも行いましょう。


     理科
大問内容
大問1
太陽と月
大問6
大問11
大問2
植物
大問7
大問12
大問3
アルキメデスの原理
大問8
大問13
大問4
水素の発生
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
大問1は三日月と秋分の日の太陽の動きの問題で標準的なものでした。大問2はインゲンマメ・アサガオ・イネの特徴の問題でした。大問3はアルキメデスの逸話について出題されました。大問4は塩酸にアルミニウムを入れたときに発生する水素の問題でした。数問を除くと基本的な知識事項や計算解法をしっかりと身につけていれば、合格者平均点が取れる問題です。苦手分野をつくらず、各単元を満遍なく学習していくことが大切です。


     社会
大問内容
大問1
歴史総合(社会史)
大問6
大問11
大問2
地理総合(地形図)
大問7
大問12
大問3
時事問題
大問8
大問13
大問4
地理総合(日本の森林)
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度も出題形式に変更があり、引き続き論述問題の字数が減少しています。昨年度は5問あった短文論述は、今年度は2問だけでした。一方で時事問題で大問1つを使い、公民分野限定の出題は少なく、地理と歴史に比重が置かれた構成です。時事問題は国際社会の動向に目を向けましょう。地理では地形図の対策が欠かせません。全体を通して用語記述は漢字指定ですが、通常の学習で対応できるレベルになっています。標準的な問題を確実に正答できる力を養ってください。


▲ページTOPへ