獨協中学校

2月1日(第1回) 東京都文京区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 40分 70点
社会 40分 70点

     国語
大問内容
大問1
漢字の書き取り
大問6
大問11
大問2
同音異義語・同訓異字
大問7
大問12
大問3
物語文(小川未明『いなかのお母さん』)
大問8
大問13
大問4
説明文(花里孝幸『生態系は誰のため?』)
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
本校の国語は年々受験生に求められる記述量が増えています。実際に、一昨年3問出題された条件記述問題は昨年4問、そして今年度は実に6問も出題されました。「書くこと」を苦手にしている受験生は戸惑ったかもしれません。大問3の物語文は時代設定が古いもので読みづらさを感じた人がいるかもしれません。全体としてバラエティに富んだ文章内容と設問から成り立っている入試問題であり、普段の実力がそのまま得点に反映されるといってよいでしょう。

     算数
大問内容
大問1
小問集合(5問)
大問6
水量変化とグラフ
大問11
大問2
周期算
大問7
大問12
大問3
回転体
大問8
大問13
大問4
割合と比の文章題
大問9
大問14
大問5
食塩水
大問10
大問15
問題解析
受験者平均点は54.0点、合格者平均点は67.5点でした。(昨 受・平51.5 合・平61.5)問題用紙に直接記入する形式で、途中式・考え方を残しておくと部分点もあります。大問6は例年出題されているグラフの作図問題でした。全体を通して基本~標準レベルの問題が中心ですが、書き出し(調べ上げ)を必要とする問題や、グラフを描かせる問題(変化に関する問題)も出題されます。過去問題で徹底的に対策しましょう。


     理科
大問内容
大問1
植物の分類
大問6
大問11
大問2
火山・地震・地層
大問7
大問12
大問3
溶解度の計算
大問8
大問13
大問4
可視光線の分散・色の見えるしくみ
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
受験者平均は46.4点(66.3%)、合格者平均は50.9点(72.7%)と公表されています。記述問題は3問、グラフを描かせる問題が1問出題されましたが、全体としては知識を問う問題が中心です。大問3の計算問題で差がついたと予想されます。基本的な知識事項や計算解法をしっかりと身につけていれば、合格点が取れる問題です。極端な苦手分野をつくらず、全単元を満遍なく学習していくことが大切です。


     社会
大問内容
大問1
地形図
大問6
大問11
大問2
小問集合(歴史)
大問7
大問12
大問3
世界遺産
大問8
大問13
大問4
地方自治
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
かつては5問前後出題されていた論述問題は減少を続け、今年度は1問だけとなりました。出題内容も参勤交代に関することで、標準レベルです。全体の構成は昨年度と同様で、大問1は今年度も地形図が出題されました。歴史分野では解答が漢字指定になっていますが、全体的には標準レベルの出題内容です。基本内容を繰り返し学習して着実に定着させることができれば、合格点に達します。7割の得点率を目標に学習に取り組みましょう。


▲ページTOPへ