高輪中学校

2月1日(A日程) 東京都港区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 30分 60点
社会 30分 60点

     国語
大問内容
大問1
漢字の読みと書き・慣用句・助動詞
大問6
大問11
大問2
論説文(池谷裕二『できない脳ほど自信過剰』)
大問7
大問12
大問3
物語文(小路幸也『風とにわか雨と花』)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
例年通りの出題構成です。記述問題は全設問数に対して約40%ほどあります。30字~60字の標準的な量です。内容として傍線部の根拠、心情を説明する問題が見られます。過去問題演習を通して本校における記述問題が求めている解答内容を研究しておきましょう。独自性のある難問・奇問のは類はほとんど出ませんから、通常の授業や日曜講座、家庭学習における演習で力を養いましょう。

     算数
大問内容
大問1
計算問題(4問)
大問6
大問11
大問2
小問集合(4問)
大問7
大問12
大問3
旅人算と周期
大問8
大問13
大問4
規則性
大問9
大問14
大問5
円と正三角形
大問10
大問15
問題解析
例年通り大問5題構成です。大問1は4問、大問2は4問で小問4は記述形式の問題でした。大問2までの配点が50点近いため、大問2まででできる限り得点しておきたいところです。大問3以降はやや難しくなりますが、小問1は比較的取りやすい問題になっているので、小問1だけ先に解き進めていく姿勢も重要です。難問・奇問は出題されませんので、典型的な問題演習を繰り返し行い、基本的な解法を定着させることが大切です。


     理科
大問内容
大問1
ふりこ
大問6
大問11
大問2
気体の性質
大問7
大問12
大問3
星の動き
大問8
大問13
大問4
植物の根・くき・葉
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
4分野からそれぞれ1題ずつの大問4題構成で、問題数はほぼ例年並みの34問でした。うち、記述問題が2問、水上置換法の装置の図を描く問題が1問、グラフを書く問題が1問出題されました。難問・奇問はなく各分野の基本事項をしっかりと身につけていれば、点数が取れる問題です。苦手分野を作らないことが重要ですので、各分野をていねいにまんべんなく学習しておくようにしましょう。


     社会
大問内容
大問1
日本の河川
大問6
大問11
大問2
日中関係史
大問7
大問12
大問3
東京都の地理
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
各分野から1題ずつの大問3題構成、小問数も40問前後で拡大問に短文論述が1問という例年通りの出題構成です。しかし、出題内容では例年多く扱われる時事問題の割合が大きく減少しました。また、難レベルの出題がよく見られる歴史分野も今年度はほぼ標準的な問題となっています。来年度以降の時事問題の出題割合は分かりませんが、まずは基本内容の定着に力を注ぎ、一方で日頃から世の中のできごとに関心を向けるようにすると良いでしょう。


▲ページTOPへ