高輪中学校

2月1日(A日程) 東京都港区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 30分 60点
社会 30分 60点

     国語
大問内容
大問1
漢字の読みと書き・慣用表現
大問6
大問11
大問2
論説文(中井久夫『「思春期を考える」ことについて』)
大問7
大問12
大問3
物語文(額賀澪『屋上のウインドノーツ』)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
例年通りの構成です。もともとは論理的文章1題の入試問題だった(2011年度入試まで)ため、記述問題は論説文に多く見られます。特に根拠の説明、物語文では比喩表現の説明が目立ちます。字数指定のない記述も含まれているので、過去問題演習などを通して字数の目安をつかんでおきましょう。他は全て選択式の問題で、論説文は言い換え内容、物語文では心情把握について問われています。選択肢の文が長いので読み逃しがないよう精度を高める練習が必要です。

     算数
大問内容
大問1
計算問題
大問6
大問11
大問2
小問集合
大問7
大問12
大問3
規則性(数列)
大問8
大問13
大問4
2量の関係(時計に関する問題)
大問9
大問14
大問5
立体図形
大問10
大問15
問題解析
大問は例年通り5題構成です。大問1・2はオーソドックスな問題となっています。大問2(4)で、途中の計算・式を記述する問題があります。大問3以降は標準~応用問題となっています。この中で取れる小問を確実に取ることが合格には必要不可欠です。対策として、大問1・2でなるべく時間をかけないようにするためにも基本パターンをしっかり確立させる、頭の中で考えずに手を動かして作業力を高めると良いでしょう。


     理科
大問内容
大問1
物体の落下
大問6
大問11
大問2
物質の性質
大問7
大問12
大問3
がけの地層
大問8
大問13
大問4
昆虫
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
4分野からそれぞれ1題ずつの大問4題構成で、問題数はほぼ例年並みの31問でした。うち、記述問題が1問、昆虫とクモの足の付き方に関する問題が2問出題されました。難問・奇問はなく各分野の基本事項をしっかりと身につけていれば、点数が取れる問題です。苦手分野を作らないことが重要ですので、各分野をていねいにまんべんなく学習しておくようにしましょう。


     社会
大問内容
大問1
地理総合(西日本)
大問6
大問11
大問2
歴史総合
大問7
大問12
大問3
時事問題
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
出題形式に変化はありません。今年も大問3が時事問題です。短文論述問題や地理での統計に関する出題も例年通りです。歴史では毎年難問が数問含まれていますが(今年は集会条例・林子平)、他の標準レベルの問題を確実に正答することを考えて、基本事項の定着を徹底させましょう。時事問題は大問1題分なので配点も大きく、また細かい知識まで求められるために対策が欠かせません。日頃からニュースや新聞を使って世の中の出来事や動きを知る習慣をつけましょう。


▲ページTOPへ