世田谷学園中学校

2月1日(第1回) 東京都世田谷区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 60分 100点
理科 30分 50点
社会 30分 50点

     国語
大問内容
大問1
物語文(イタロ・カルヴィーノ『木のぼり男爵』)
大問6
大問11
大問2
論説文(菅野仁『友だち幻想 人と人の〈つながり〉を考える』)
大問7
大問12
大問3
漢字の書き取り
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は60.0点(昨年度は59.8点)でした。大問1はイタリアの国民的作家の著書からの出題です。問10は話の展開を想像させ、書かせる自由記述でした。今後もこのような問題が出されるか注目されます。大問2は他者との付き合い方について述べた論説文です。本文に書かれていることを辛抱強くたどって正解を導く力が求められる問題でした。本校への合格のためには、普段から文章をじっくりと読み、内容を正確に理解することを心がけましょう。

     算数
大問内容
大問1
計算・小問集合
大問6
図形上の点の移動
大問11
大問2
植木算
大問7
大問12
大問3
立体図形(水の問題)
大問8
大問13
大問4
平面図形
大問9
大問14
大問5
ニュートン算
大問10
大問15
問題解析
例年通り大問6題構成で、受験者平均点は57.1点、合格者平均点は69.3点となりました。受験生が一度は目にしたことがあるような、標準的な問題が並びます。試験時間も60分ありますので、じっくりと取り組んで確実に正解を出していくことが必要になります。大問5と大問6は考え方を記述させる形式です。日ごろから問題を解く際には、図や途中式をていねいに書くように心がけましょう。


     理科
大問内容
大問1
風について
大問6
大問11
大問2
生物群体をテーマにした問題
大問7
大問12
大問3
酸化防止剤をテーマにした問題
大問8
大問13
大問4
輪軸と貨車
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は25.5点(50.9%)です。 大問2・3は1ページにわたって書かれているリード文を読み、そこからヒントを見つけたり、知識や経験から連想したりすることが必要となる問題でした(大問3には15字以内で記述させる問題が3問出題されています)。聞いたこともないテーマだからとすぐ投げ出してしまうようだと本校の理科は攻略できません。過去問演習などを通じて、読解力の向上・資料の読み取りの練習を重ねましょう。


     社会
大問内容
大問1
日本地理総合
大問6
大問11
大問2
外交史
大問7
大問12
大問3
環境問題
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
社会の配点の比率は例年、地理と歴史で各20点ずつ、公民で10点と考えられます。近年では7割くらいの得点率が合格者平均点となっており(今年度の合格者平均点は37.8点)、基本知識を確実に習得し、その上で論述問題に対応できる総合力を身につける必要があります。どの分野・単元からも出題される可能性がありますので、苦手分野を作らないように普段から着実な学習を心がけましょう。


▲ページTOPへ