世田谷学園中学校

2月1日(第1回) 東京都世田谷区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 60分 100点
理科 30分 50点
社会 30分 50点

     国語
大問内容
大問1
物語文(大江健三郎『二百年の子供』)
大問6
大問11
大問2
論説文(松岡享子『子どもと本』)
大問7
大問12
大問3
漢字の書き取り
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
問題構成は例年通りで、合格者平均点は47.5点と昨年度に続き難度が高くなっています(昨年度は52.4点)。大問1の物語文は、登場人物が7名いる上に過去や未来の話も出てくるため、状況把握が難しかったと思われます。大問2は児童文学研究者である筆者が、子どもへの本の選書の大切さを述べた文章です。記述問題の数が多く、苦労した受験生も多かったでしょう。普段からあらゆるタイプの文章に慣れておくことが合否のポイントとなりそうです。

     算数
大問内容
大問1
計算・小問集合
大問6
立体図形(回転体)
大問11
大問2
文章題(平均算)
大問7
大問12
大問3
文章題(売買損益)
大問8
大問13
大問4
平面図形(面積)
大問9
大問14
大問5
速さと比(ダイヤグラム)
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は58.5点で、昨年度と比較して難しかったようです(昨年は65.1点)。大問5・6は答えのみではなく、途中式も書かせる形式となっています。標準的な問題がほとんどですが、大問4のように、様々な視点から見ないと気づかない問題が見られます。また、計算力を要する問題もありますので、揺るぎない計算力が必要です。過去問演習を行い、問題のレベルに慣れた上で標準的な問題を演習すると良いでしょう。


     理科
大問内容
大問1
火山と地層
大問6
大問11
大問2
生物の冬越し
大問7
大問12
大問3
中和反応
大問8
大問13
大問4
物の運動と衝突
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
受験者平均が25.0点(50.1%)、合格者平均が28.4点(56.8%)と、昨年よりやや易しくなりました。比較的オーソドックスな出題ですが、大問1の火山・地層・岩石に関する問題は、用語の意味をしっかり調べて理解しているかが問われました。本校を目指すにあたっては、用語の暗記にとどまらず、その言葉が表すものの意味までしっかり調べて理解を深めていきましょう。本校の公式ホームページには過去6年間の入試における問題ごとの正答率が掲載されています。過去問を勉強する際の参考にしましょう。


     社会
大問内容
大問1
地理(東日本)
大問6
大問11
大問2
歴史(文化史)
大問7
大問12
大問3
公民(選挙)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
今年度のトピックとしては、昨年度3問出題された記述問題が1問に減ってしまったことです。その1問とは、弥生時代の集落の特徴を説明させる問題でした。その他全体の出題内容ですが、大問1は『おくのほそ道』をテーマにした地理の問題。記号選択がほとんどです。次に大問2は各時代の文化を題材にした歴史の問題。漢字指定問題が6問ありました。最後の大問3は選挙を題材にした公民の問題でした。各分野とも基本知識が中心であり、ミスが許されない学校です。


▲ページTOPへ