成城中学校

2月1日(第1回) 東京都新宿区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 30分 60点
社会 30分 60点

     国語
大問内容
大問1
漢字の読みと書き
大問6
大問11
大問2
物語文(小路幸也・宮下奈都『つむじダブル』)
大問7
大問12
大問3
論説文(小林康夫『何のために「学ぶ」のか』)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
例年通りの構成です。選択問題や抜き出し問題中心であることは変りませんが、今年度は記述問題が3問ありました。物語文で1問、論説文で2問です。いずれもオーソドックスな問題です。文章は物語文よりも論説文の方が長いという珍しさもありました。近年の倍率上昇もあり、合格ラインが上がる可能性があります。オーソドックスな問題演習を重ね、ミスによる失点をしない確かな読解力を身につけましょう。

     算数
大問内容
大問1
計算問題(1問)
大問6
規則性(数列)
大問11
大問2
計算問題(1問)
大問7
数の性質(約束記号)
大問12
大問3
文章題(倍数算)
大問8
文章題(速さ)
大問13
大問4
文章題(差集め算)
大問9
平面図形(円とおうぎ形)
大問14
大問5
文章題(売買損益)
大問10
立体図形(回転体)
大問15
問題解析
大問は昨年度同様10題構成ですが、はじめの2問は計算問題で15点の配点になっているのでしっかり取りたいところです。問題はオーソドックスな出題となっています。速さの問題(グラフ)や規則性の問題(数列や約束記号など)がよく出題されています。対策としては、特殊算を解法のパターンが確立するまで演習を行う、速さは図をかいて整理する、図形の基本パターンのトレーニングを行うと良いでしょう。


     理科
大問内容
大問1
ものの燃え方
大問6
大問11
大問2
カイワレダイコンの発芽と成長
大問7
大問12
大問3
飽和水蒸気量とフェーン現象
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
昨年度と同様に大問3題の構成で、第1回入試には物理分野からの出題がありませんでした。例年、問題文および図表を読み取って解く問題が出題されていますが、今年度はカイワレダイコンをテーマに出題されました。見慣れないテーマの問題であっても、問題文および図表に目を通せば答えを導き出せる問題レベルなので、他の大問から先に取り組み、残った時間を使ってていねいに問題を解いていくと良いでしょう。


     社会
大問内容
大問1
歴史総合(外交史)
大問6
大問11
大問2
地理総合(地形図)
大問7
大問12
大問3
公民総合(国政選挙)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
出題形式に変化はなく、各分野から大問1題ずつ、小問は各10問で計30問、論述問題がなく選択式か用語記述の問題です。ここ数年は継続して地形図が出題されています。地形図では、今年度もなじみの薄い地図記号(記念碑)を答えさせる出題が見られました。また、端島(通称軍艦島)や合区・選挙権の18歳への引き下げといった時事問題も例年通り出題されています。紛らわしい選択肢もありますが、全体的には難しくないので、基本事項の定着を徹底させましょう。


▲ページTOPへ