成城中学校

2月1日(第1回) 東京都新宿区
科目 試験時間 配点
国語 50分 100点
算数 50分 100点
理科 30分 60点
社会 30分 60点

     国語
大問内容
大問1
漢字の読みと書き
大問6
大問11
大問2
物語文(原田マハ『翔ぶ少女』)
大問7
大問12
大問3
論説文(古井由吉『「考える方法」言葉について』)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
例年通りの出題構成です。選択問題や抜き出し問題中心であることに変わりありません。記述問題は30字~40字のものが3問でした。いずれも基本レベルの問題なので記述問題だからといって構える必要はありません。むしろ選択問題や抜き出し問題を取りこぼさないことの方が重要です。紛らわしい選択肢もありますが、オーソドックスな問題の演習を重ね、ミスによる失点をしない確かな読解力を身につけましょう。

     算数
大問内容
大問1
計算問題(分数小数四則混合)
大問6
仕事算
大問11
大問2
計算問題(□の計算)
大問7
相似と面積比
大問12
大問3
倍数算
大問8
柱体と水
大問13
大問4
いもづる算
大問9
速さとグラフ
大問14
大問5
円とおうぎ形
大問10
大問15
問題解析
今年度は大問9題構成と例年通りでした。大問8や9はやや解きにくい問題ではありますが、大半は典型的な問題で構成されていますので、基本問題で取りこぼすことがないよう、ていねいに解き進めていくことが大切です。典型的な問題演習を繰り返し行い、基本的な解法を定着させることが肝要です。毎年、グラフに関する問題が出題されています。過去問演習を通して対策をしておきましょう。


     理科
大問内容
大問1
水溶液の分類
大問6
大問11
大問2
ミズキに関する問題
大問7
大問12
大問3
月の満ち欠け
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
昨年度と同様に大問3題の構成で、第1回入試では物理分野からの出題がありませんでした。例年、問題文および図表を読み取って解く問題が出題されていますが、今年度は落葉広葉樹のミズキをテーマに出題されました。見慣れないテーマの問題であっても、問題文および図表に目を通せば答えを導き出せる問題なので、他の大問から先に取り組み、残った時間を使いじっくりと問題を解くようにしましょう。


     社会
大問内容
大問1
本校周辺地域に関する歴史
大問6
大問11
大問2
地形図
大問7
大問12
大問3
国政選挙
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
事前の告知通り、今年度から短文論述が新たに3問出題されました。各大問は小問5問と短文論述1問の構成なので、論述問題の配点は1問5点と考えられます。大きな変更です。しかし、出題内容は標準レベルなので改めての対策が必要というほどではありません。全体の構成は各分野から大問1題ずつ、小問はすべて選択式の問題で、地理分野は今年度も地形図でした。選択式の問題もほぼ標準レベルなので、基本内容の反復学習に力を入れましょう。


▲ページTOPへ