聖光学院中学校

2月2日(第1回) 神奈川県横浜市中区
科目 試験時間 配点
国語 60分 150点
算数 60分 150点
理科 40分 100点
社会 40分 100点

     国語
大問内容
大問1
漢字の書き取り
大問6
大問11
大問2
知識(様子を示す形容詞)
大問7
大問12
大問3
物語文(渡辺優『自由なサメと人間たちの夢』)
大問8
大問13
大問4
説明文(亀田達也『モラルの起源』)
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
問1の漢字は例年と比較すると易化。大問2は毎年出題される独特な知識問題。今年度は様子を表す同じ二文字を繰り返す形容詞が問われました。読解については、大問3が物語文で大問4は論説文であり、近年と同じ構成でした。聖光学院は、5択で長めの選択肢問題を要領よく解かねばなりません。受験者平均点は94.8点、合格者平均は104.2点(150点満点)とやや高めでした。傾向がはっきりしていて対策が立てやすい学校といえます。

     算数
大問内容
大問1
計算・小問集合
大問6
大問11
大問2
約束記号
大問7
大問12
大問3
速さ
大問8
大問13
大問4
図形の移動・場合の数
大問9
大問14
大問5
図形上の点の移動
大問10
大問15
問題解析
受験者平均点は94.1点(62.7%)、合格者平均点は117.0点(78.0%)と、易化した昨年並みの得点率となっています。また、今年度も昨年度に引き続き、解答用紙に図示させる問題が出題されています。本校の大問は問題文が長文であることが多く、必然的に条件設定が複雑になってきます。問題文で与えられた条件を図や式などに表し、状況を正確に把握することが、解答への糸口となります。


     理科
大問内容
大問1
ヒトの肺と呼吸
大問6
大問11
大問2
ハワイ諸島の成り立ち
大問7
大問12
大問3
環境問題
大問8
大問13
大問4
ばねと浮力
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
合格者平均点は72.9点、受験者平均点は65.9点となっています。ここ数年、理科は難化傾向にあり、しっかりとした準備が必要です。各分野から1題ずつの出題で、いずれの大問も、1つのテーマから様々な話題に発展する出題形式となっています。各分野の知識を身につけるとともに、身につけた知識を広げていくような学習(理科辞典を読む・用語集に目を通すなど)をしていきましょう。また、過去問演習を通して出題傾向を掴んでおきましょう。


     社会
大問内容
大問1
歴史総合
大問6
大問11
大問2
伊豆半島
大問7
大問12
大問3
公民総合
大問8
大問13
大問4
通貨
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
短文論述が3問出題されていますが、基本的に選択式の問題を中心に構成されています。最難関校では珍しい出題構成ですが難度は高く、豊富な知識量と理解力が求められます。また、今年度にも見られるように神奈川県に関わる出題は頻出です。試験時間は40分ありますが、選択肢が多く慎重な吟味が必要にもなるため、時間的なゆとりはあまりないでしょう。特徴のある出題構成・内容です。過去問題学習での対策が欠かせません。


▲ページTOPへ