浅野中学校

2月3日 神奈川県横浜市神奈川区
科目 試験時間 配点
国語 50分 120点
算数 50分 120点
理科 40分 80点
社会 40分 80点

     国語
大問内容
大問1
漢字の読みと書き
大問6
大問11
大問2
物語文(温又柔『来福の家』)
大問7
大問12
大問3
論説文(森博嗣『孤独の価値』)
大問8
大問13
大問4
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
例年通りの構成です。記述問題は20字と40字が2問ずつで、設問数・字数ともにほぼ例年通りです。選択問題は昨年まで4択と5択が入り混じっていましたが、今年度は4択に統一されています。選択肢の文は長いもので100字近くあり、読むだけでもひと苦労ですが、本校は選択問題の読み取りが読解の核となります。消去法を含む様々な解法を身につけて試験に臨みたいところです。

     算数
大問内容
大問1
計算・小問集合
大問6
大問11
大問2
水面の変化とグラフ
大問7
大問12
大問3
規則性
大問8
大問13
大問4
速さ
大問9
大問14
大問5
立体の切断
大問10
大問15
問題解析
例年大問1と大問2で分けて出題されていた計算問題と小問集合が、今年度は大問1にまとめられました。計算・小問集合の小問の数は、2年前から9問→6問→5問と減少を続けており、大問の比重が相対的に高くなってきています。後半の大問は思考力を問うような問題が出題される傾向がありますので、典型問題の解法を早い段階でマスターした上で、初めて見るような問題にどのように取り組むかのトレーニングを積みましょう。


     理科
大問内容
大問1
消化(柔毛・根毛・肺胞の共通点)
大問6
大問11
大問2
生物の環境への適応
大問7
大問12
大問3
地層・化石・岩石
大問8
大問13
大問4
中和反応(中和熱に注目した計算など)
大問9
大問14
大問5
相対速度・ドップラー効果
大問10
大問15
問題解析
合格者平均得点率は76.0%で、易化した昨年度(70.3%)をさらに上回りました。初見の問題も少なく、全体を通じて標準的なレベルの問題でした。大問4・5の後半の設問については条件の整理が必要なため合否を分けたと考えられます。本校の問題は、踏み込んだ知識や、やや複雑な計算問題が出題されることがあります。同程度の男子校の入試演習で練習を多く積み、対策をおこないましょう。


     社会
大問内容
大問1
歴史総合
大問6
大問11
大問2
地理総合
大問7
大問12
大問3
現代の日本
大問8
大問13
大問4
論述問題(上杉謙信の出兵の時期)
大問9
大問14
大問5
大問10
大問15
問題解析
出題構成はほぼ例年通りですが、小問数がわずかに減少し、各大問のリード文の分量も減少しました。最後の論述問題の制限字数も減少したので、時間的にはゆとりを持って取り組めたはずです。出題内容も標準的なものが多く、合格者の平均得点率は70%近くになりました。表の読み取りや論述問題など定番の出題については過去問題演習を通じて事前に対策をし、全分野とも単なる語句の暗記ではなく知識を正確に理解して定着することを心掛けましょう。


▲ページTOPへ